水没車両の受け入れについて

  • 2018.07.16 Monday
  • 12:02

梅雨が明けたと思ったら

急激に暑くなってきましたね!

('A`)

 

かつてない暑さ、だそうですので

熱中症などは十分お気をつけ下さいNE!

 

さて、今回の西日本豪雨

近隣県なのもあって、友人やお客様も

たくさん被害に合われていて

心を痛めています。

(´;ω;`)
 

私が尽力出来ることといえば

バイクに関するコトくらいですが

”水没車両復活の受け入れ”を行っています。

 

被害に遭われた方は、

今は家族や家、仲間のことが最優先で

当然、バイクどころじゃない方が殆どです。

でも水没の場合、復活は時間との勝負です。

 

 

今や、エンジン内の欠品パーツも

かなり増えてきているので

入ってきた車両は、

何よりも優先して全バラ洗浄しています。

(`・ω・´)ゞ

 

 

日々奮闘しておりますが、

只今、通常作業や、ニンジャドックにかなり遅れが出てて、

皆様にご不便をおかけしている真っ最中。

m(_ _)mゴメイワクオカケシテマス

 

 

しかし、被災して身辺が大変なさなか、私に

「どうか頼みます!」と託されたGPZ900R。

そりゃ男気スイッチも入ります。

 

”そんなん絶対に救ってまうやろモード”

強制発動です。
 

 

 

ケース内に水が入った場合、水の比重が重いので

だんだん油を上に押し上げていきます。

 

 

このクラッチカバーの裏を見れば一目瞭然。

車両は完全に水の底になるほど水没していましたが

上の方に少しオイルが残ってた跡があります。

(色が変わってる所までが、水が溜まってた部分。)

 

元々入ってたオイルは

ブローバイの口から押し出されていきます。

 

 

処置が早ければ十分復活できます。

 

 

とりあえず、クランクまでバラして洗浄したら

油を染み込ませて、全て箱に一旦しまって

順番が来るまで保管です。

 

こうしておけば、

エンジンはとりあえず安心ですからNE!

(`・ω・´)ゞ

 

 

車両お預かりして、

お待たせしている皆さん、

またご予約待ちで、

入庫を遅らせていただいている皆さん

順番通り出来なくて、ごめんなさい。

 

でも、困ってる人がいれば

出来る限り助けてあげたいです。

 

私が出来ることにも

当然、限界はあるのですが、

お困りでしたら、まずはお問い合わせ下さい!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM