原Dさん 程度がイイはずだった ニンジャドック5

  • 2018.08.06 Monday
  • 12:33

毎日暑い日が続きます

('A`)

 

熱中症などには、十分気をつけて下さいね。

 

そう言いつつ、私も

先日、突然汗がピタっと止まって

全く出なくなったコトがありました。

(゚A゚;)

 

その時点で特に体の異変もなかったのですが、

汗が止まったらマズい!とTVなどで聞いてたので

しぶしぶ手を止めて水分と塩分補給をしました。

 

多分、あのタイミングで

続けて作業するとヤヴァいんでしょうね(汗)

(;´∀`)

 

 

さて!!!!11

 

8耐が終わったって事は

もう8月になったというコト

 

そして気づけば、今日は6日という罠

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

マーベラスエンジニアリングのお盆休みは

毎年10日が大そうじで、

阿波踊りの終わる15日までとなってます。

(8/16より通常営業です)

 

8日が水曜なので実質稼働は@3日

あと少し!!走りきりますYO!!!!11

 

 

それでは、原Dさんの車両の続き

実は、もう2週くらいイケる内容量なのですが

キリがあるので今回でやりきっちゃいます!!!1

(`・ω・´)ゞ

 

 

キャブをハズした所からでしたね!

とにかく、このキャブがよく汚れてたので怪しいと思い

開けてみることに

 

 

リンクや可動部分にも汚れがかなり蓄積しています。

(´・ω・`)

 

 

フロート室にはサビが結構入っていました。

コレはタンク内からの混入で確定です。

(´・ω・`)

 

 

メインジェットは全てゆるゆる・・・

脱落寸前でした。

('A`)

 

 

そしてニードルにはワッシャーが一枚・・・

('A`)

 

1/4〜1/2付近を

ちょっと濃くしたい時などに使う手ですが

使うならキチンと精度の出たシムじゃないと

こんな只のワッシャーではダメです。

ヽ(`Д´)ノ<ジェット&ニードルハ1000ブンノ1ノセイドデス

 

 

あと、一本だけ異様に摩耗しているニードル

Σ(゚Д゚)

 

こんなに削れてたらかなり燃調変わります。

コレは交換必須です。

(`・ω・´)ゞ

 

 

キャブ4個を連結してる部分のパイプ

ここのOリングは急所です。

ツーリング中にココがイッたら、レッカー確定です。

(´;ω;`)ブワッ

 

 

超ひび割れてますNE・・・

危ないところでした。

てか、名古屋から徳島まで乗ってこられたのも

ギリだったかも・・・

帰りは安心して帰れるように

キチンとしておきます。

(;´д`)

 

 

ボディはキレイに洗浄して

ゴム類を全て交換しておきます。

(`・ω・´)ゞ

 

ちょっと脱線して

初めてキャブを触るタイプの方の

キャブレターセッティングあるあるを少々

 

とにかくPS(パイロットスクリュー)や

AS(エアスクリュー)をいじりたがる傾向にあります。

(ASは開けはじめの一瞬とアイドル域

PSは全域に影響するので悪い方向にイクことが多いです。)

 

スクリューだと触りやすいから!なのかもですが、

スロージェットは、交換せずストック状態

ってのが多い印象です。

(´・ω・`)

 

 

開け始めから中速までの

街乗りに一番使う所のフィーリングって

ビックバイクの場合はスローです。

(あとニードル)

 

スロー域のセッティング早道は、とにかく数を買う事

今スロー35番で不調なら、

 

28.30.32.38.40.42

とりあえずコレだけを4個づつ買う。

(ひとつ¥500として¥12,000)

 

で、コレが大事なんですが、

途中でコレがいい感じかな!って思っても

そこでやめてはダメ、過ぎたらどうなるかも

ちゃんと体感すること。

全部試すつもりで、横着はしない。

これがキモです。

 

中速域、メイン域もセットするなら

同じようにジェットやニードルを前後3セットずつ買います

で足りなかったら買い足す。

 

・・・すると結構な金額になりますので

キチンとするなら、

安くあげたいから自分でセッティングする!

って発想はなくなると思います。

('A`)

 

むしろ趣味として、

楽しむ為にやるスタンスのほうがオススメですYO!

(・∀・)イイ!!

 

 

余談入れてると

もうこんな文字数!!!

 

ここからは駆け足で!!!!11

 

ライトは中華製HIDだったので

ヘッドライトメーカーの作ったLEDに!

(`・ω・´)ゞ

 

 

プラグは最近納車されたとは思えない水没っぷり

締め付けも緩い状態でした。

ここも新品に交換です!

(`・ω・´)ゞ

 

 

メーター球は

マーベラスエンジニアリング製LEDキットに交換

 

 

キャブレターの同調もキッチリとっておきます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

問題のあったマフラーステーは、

シートレールに穴を開けて

振動で折れにくい位置にセット!

(`・ω・´)ゞ

 

 

凄かった配線類は、一度全て引きちぎって

新たに全部引き直しました。

 

結構な手間がかかりましたが

チョロチョロ直すよりも

むしろこの方が所要時間は少なくてすみます。

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

 

長かった戦いも遂に

終りが見えてきました!!!!11

(・∀・)

 

 

しかしスクリーンつけてる時のこの違和感・・・

 

なんでこんなに

クワガタのお尻みたいに平べったいんだろう・・・

 

 

いやいや平たいどころか、むしろ反ってる!?w

おかしいって!!!11wwwwwww

 

スクリーンがおかしいのかと、その辺に転がってた

スモークスクリーンつけてみたけどやっぱおかしい。

 

ははん、コレは転倒して

アッパーカウルのインナーフレーム曲がってる

パーティンですNE!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

やはり左側のマウント部分が外に出すぎてる!

左にコケて内側に曲がったのを直した際に出しすぎた感じですね

(;´д`)トホホ…

 

目視ですが、適正な所まで、TE・MA・GEで直します!

(`・ω・´)ゞ

 

 

コレ何だと思います・・・

レールレンズの中から出てきました。

 

DIYの魂みたいなオーナー自作のLEDテールです!!

逆に凄い!私こんなの作れません!

 

でも不調だったようなので

 

 

マーベラスオリジナルLEDテールkit

に交換とのご依頼いただきました。

(`・ω・´)ゞ

 

 

最後の最後!試走してたら

ガソリンキャップからガソリンが染み出してくる

 

コレ中華製キャップですね!

('A`)ダメ。ゼッタイ!

 

元のキャップをオーナーお持ちとの事なので

あとで交換を強くオススメしておきました。

(`・ω・´)ゞ

 

 

バッテリーがかなり弱かったので

SHORAIバッテリーに交換して

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

 

遂に完成です!!!!!!!!!!11

(`;ω;´)ヤリキッタ

 

実際には、もっと小ネタが沢山あったのですが

ページの都合で割愛です!

 

 

新車に戻した訳ではないので

これからも乗っていく上でのイージートラブルは

あるかと思いますが、

 

甚大にヤヴァかった部分は、ほぼ解消しました。

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

ロングツーリングに出かけることも多いオーナーさんなので

今後は、定期的なメンテナンスを受けてもらうことで

通常のバイクライフが送れるハズですYO!

 

これからも末永く大切にしてあげて下さい

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

|彡サッ

原Dさん 程度がイイ!はずだった ニンジャドック4

  • 2018.07.30 Monday
  • 12:21

昨日は7月最後の日曜日!

毎年恒例、鈴鹿8時間耐久レースでした!

 

今年こそは、

我らKAWASAKI乗り25年ぶりの悲願を!と

気が気じゃなくってw

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

アイパッドを行く場所場所に立てかけて

BS12をチラ見しながらの作業でしたw

 

いやーーーーーーーーーホント惜しかった

序盤はmjdイクかと思ってましたが

終わってみればYAMAHAの4連覇で

KAWASAKIは3位

(´・ω・`)

 

 

チームの総合力なんでしょうか・・・

YAMAHAミスしなさすぎでしょ!

 

ジョナサン・レイめっちゃ速かったケドなぁ〜

(´;ω;`)ブワッ

 

当初は台風の影響なども懸念されてましたが

途中何度か降ったものの

結局ドライの時間が多いような展開のレースで

大きなアクシデントもなく開催されて良かったです!

(・∀・)イイ!!

 

来年こそ頑張って!KAWASAKI!

 

 

さて、それでは続き参りましょう!

 

 

リア周りが終わった所でしたね!

 

ローラースライダーは、

この車両の場合は、PMC製をチョイス。

 

チェーンとスプロケットは、

オーナーさんが購入元のショップさんと交渉して

コチラに送付してくれることになったんですが

 

 

届いたものは、指定したメーカーとは違うものでしたし、

チェーンは表面処理が全くされてなく、

相当油ドブ漬けにしておかないと

一発雨が降ったら真っ赤になるタイプのモノでしたので

(´・ω・`)

 

 

オーナーとお話して、

キチンと表面処理がされて、長持ちするモノを

取り付けることにしました。

(`・ω・´)ゞ

 

ちなみに、ココではもう耳タコかもですがw

 

ローラースライダーをつけたら

チェーンの張りには要注意ですYO!

 

普通に張ったら走行中にスライダーもげ落ちます。

 

 

コツはスライダーとチェーンの間でクリアランスを見ること

この部分で15〜20mmは、遊びが必要です。

 

一番いいのは、リアサスの下側マウントだけハズして

スイングアームがフルストロークした状態(最も距離が伸びた状態)

を測りながら調整するコトですYO!

(`・ω・´)ゞ

 

 

水回りは何年も手がつけられていない感じですね!

ホースの間から白い塊がたくさん出てますし

バンドは真っ赤に錆びてます。

('A`)

 

 

長年放置されてた雰囲気で

中身も相当ヤバい事になってますね。

 

長く乗るなら、どこかのタイミングで

ラジエターも交換してしまいたい所です

(´・ω・`)

 

 

この辺のパイプやホースはこの機会に全て交換です。

 

 

ウォーターポンプは、ゴリゴリで回りづらく

羽もちょっぴり錆びてますね

(´・ω・`)

 

ちょっと錆びてるぐらいなら問題ないのですが

回してみてゴリゴリするのはアウト!!!11

ついでなのでZRX系のポンプに交換です。

 

 

一番外のパイプはダエグホースに交換。

(`・ω・´)ゞ

 

 

あとはインテーク側の水パイプですね。

 

ココを交換するためには、

キャブレターの脱着が必須なので

他所ではめんどくさがって

中々手付かずになってることも多い箇所ですが

 

 

ヘッドの真上で熱くなるコトが多いからか

Oリングがよくダメになってます。

(´・ω・`)

 

 

しかし、開けてみると

ココは、他の場所ほどは悪くない。

(゚A゚)エッ

 

ここにアクセスするまでのボルト類に緩みが多かったので

臨界点超えて、クーラントをキャブ下にブチ撒けたのを

前オーナーが補修したのカモですね。

(;´∀`)

 

 

それでも多少は劣化していたので

キレイに清掃して新品のOリングを入れておきます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

さて、水パイプ類は全てキレイになりましたが

せっかくキャブレターをハズしたのだから

チャンとするついでに

キャブの中身も見ておきたいのが心情。

 

 

ニンジャドックのメニュー外ですが、

この時見ておいてホントに良かった・・・

って後で思うほど、キャブ酷かったです

(;´д`)ツヅキハジカイデ

 

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

原Dさん 程度がイイ!はずだった ニンジャドック3

  • 2018.07.23 Monday
  • 12:00

毎日暑いですね

('A`)

 

結構な数の方が

熱中症で搬送されてるらしいです。

 

暑さ対策には、十二分に

気をつけなければなりませんが

熱過ぎるのはバイクもキライです。

 

冬と夏なら、

むしろ冬のほうがバイクにとっては好条件。

暑い中無理して走らせてると、

熱中症の人と同じように

バイクにも深刻なダメージを

負わせることがあります。

(゚A゚;)ゴクリ

 

しかし

”バイクイコール夏”のイメージが

あるのも事実。

 

リスク管理出来るお利口さんなら

絶対にしないでしょうが、

このクソ暑い中、股の間に火鉢挟んで

炎天下走っちゃう、お馬鹿さん達も私は大好きです。

(・∀・)イイ!!

 

とはいえ、限度はありますから

(;´∀`)

 

自分の体力の限界、バイクの調子を

冷静に図りながら、安全に楽しく、

生涯に一度しかない

”今年の夏”を楽しんで下さいNE!

 

 

さて、それでは

原Dさんの続き参りましょう!!!11

 

 

ふと見ると

バックステップの下側のボルトが入っていませんでした。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

ココはただのネジじゃなくって

フレーム上下を繋いでる大事な部分です。

 

プライベーターの車両などではココを軽視して

おざなりな処理をされてることも多いですが

フレームの強度に関わる大事なトコですYO!

(`・ω・´)ゞ

 

 

リアのアクスルシャフト

コレは新品に交換ですね

('A`)

 

この車両

納車されて調子悪くて

購入店で入退院を繰り返してた際に、

リアディスクローターとチェーンを

交換してもらったとお聞きしました。

 

ということは

このシャフトをハズして見てるはず

(´;ω;`)ブワッ

 

コスト的に無償が無理でも

どうせハズす手間は同じなんだから、

「シャフト代金のプラス¥5、100で

工賃サービスで交換できますがどうしましょう?」

ってちょいと聞いてくれるくらいの

MA・GO・KO・ROが欲しいところですね

(´・ω・`)

 

※撮影時は新品が出ましたが、今確認した所、

GPZ900R用リアアクスルシャフト廃盤です。

2週間ほど前までは、まだ手に入ったんですが、

終わったようです。

今後は社外品のクロモリとかに

するしかなさそうですね(泣)

 

 

スプロケットの回り止めワッシャーはこんな感じで

全体的に曲げられてます。

('A`)

 

別に動作上、悪くはないです。

絶対に緩まないように!との”おまじない”なのかもですが

ワタシ的には、仕事が不細工と感じます。

(´・ω・`)

 

 

んで、緩めてみると殆ど締まってないという・・・w

ヽ(・ω・)/ズコー

 

まぁ、見た目にチャンとしてる感がない時って

大体こんな感じが多いです。

('A`)コワー

 

 

リアサスはオーナーの意向で

オーリンズ17インチ用にチェンジ

 

 

マーベラスオリジナル オーリンズタンクステー

つけてスッキリとさせます!

(`・ω・´)ゞ

 

 

スイングアームもスライダー含めキッチリメンテですね

(`・ω・´)ゞ

 

 

ピボット部分のカラーは走行距離の割には

摩耗痕が多めでした。

使用状況にもよりますが、

旧車の走行距離は、目安程度に留め

信じすぎない事が大事です。

(´・ω・`)

 

 

リンク周りのカラーもこんな感じ

グリスを拭ってみると

 

 

かなりキツめに

ニードルベアリングで押された凹みがあります。

 

コレじゃまともに走るわけないですNE!

('A`)

 

 

ベアリング、カラー、シールもろとも

全て交換します!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

この辺のカラーや、ニードルベアリングまで

すべて含めてリアサスとしての機能です。

 

サスだけ新品やOHしても

リンクがgdgdだと性能は半分も出せませんYO!

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

水没車両の受け入れについて

  • 2018.07.16 Monday
  • 12:02

梅雨が明けたと思ったら

急激に暑くなってきましたね!

('A`)

 

かつてない暑さ、だそうですので

熱中症などは十分お気をつけ下さいNE!

 

さて、今回の西日本豪雨

近隣県なのもあって、友人やお客様も

たくさん被害に合われていて

心を痛めています。

(´;ω;`)
 

私が尽力出来ることといえば

バイクに関するコトくらいですが

”水没車両復活の受け入れ”を行っています。

 

被害に遭われた方は、

今は家族や家、仲間のことが最優先で

当然、バイクどころじゃない方が殆どです。

でも水没の場合、復活は時間との勝負です。

 

 

今や、エンジン内の欠品パーツも

かなり増えてきているので

入ってきた車両は、

何よりも優先して全バラ洗浄しています。

(`・ω・´)ゞ

 

 

日々奮闘しておりますが、

只今、通常作業や、ニンジャドックにかなり遅れが出てて、

皆様にご不便をおかけしている真っ最中。

m(_ _)mゴメイワクオカケシテマス

 

 

しかし、被災して身辺が大変なさなか、私に

「どうか頼みます!」と託されたGPZ900R。

そりゃ男気スイッチも入ります。

 

”そんなん絶対に救ってまうやろモード”

強制発動です。
 

 

 

ケース内に水が入った場合、水の比重が重いので

だんだん油を上に押し上げていきます。

 

 

このクラッチカバーの裏を見れば一目瞭然。

車両は完全に水の底になるほど水没していましたが

上の方に少しオイルが残ってた跡があります。

(色が変わってる所までが、水が溜まってた部分。)

 

元々入ってたオイルは

ブローバイの口から押し出されていきます。

 

 

処置が早ければ十分復活できます。

 

 

とりあえず、クランクまでバラして洗浄したら

油を染み込ませて、全て箱に一旦しまって

順番が来るまで保管です。

 

こうしておけば、

エンジンはとりあえず安心ですからNE!

(`・ω・´)ゞ

 

 

車両お預かりして、

お待たせしている皆さん、

またご予約待ちで、

入庫を遅らせていただいている皆さん

順番通り出来なくて、ごめんなさい。

 

でも、困ってる人がいれば

出来る限り助けてあげたいです。

 

私が出来ることにも

当然、限界はあるのですが、

お困りでしたら、まずはお問い合わせ下さい!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

原Dさん 程度がイイ!はずだった ニンジャドック2

  • 2018.07.09 Monday
  • 12:15

今回、西日本を襲った豪雨

皆さんご無事でしょうか。

 

地震に豪雨にと、気の休まる暇がない最近の西日本

(´;ω;`)

 

幸いにも、私の住んでいる徳島県中心部付近は

さほど強い雨も降らず、

特に大きな被害もありませんでした。

 

被害に合われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

私で力になれることがあったら何なりとお申し付け下さい!

m(_ _)m

 

 

さて、それでは続き参ります!

 

 

まずはフロントからバラしていきます。

(`・ω・´)ゞ

 

フロントフォークはこの状態ですでに

シールからお漏らしをしています。

 

シール交換をしようとインナーチューブの点検をしますが

点サビが酷い・・・

(´;ω;`)ブワッ

 

ココはオーナーにご連絡して相談した所

新品インナーチューブに交換する運びとなりました。

(・∀・)イイ!!

 

フロントフォークインナーチューブは、

決して!ヤフオク等に並んでる

激安中華製など買ってはいけません。

 

買ってすぐは良くても、近い将来必ず

安物買いの銭失いになってしまいます。

 

 

ハンドルポストのネジは

見える部分だけシルバーにペイントされた

生鉄のスチールボルトでした

(´・ω・`)

 

臭いものにフタをするような誤魔化しじゃなく

キチンとキレイなボルトに替えておきますね。

(`・ω・´)ゞ

 

 

ステムベアリングのゴツゴツ感って

ホイールやフォークがついてる状態では

左右にステアリングを切ってみたところで

非常にわかりにくいものですから

(´Д`)

 

普段乗ってる状況下では、

ちょっとした異変に気づきにくいと思います。

 

しかし、

ステム単体だけにして動かすと、明らかなコツコツ感や

違和感を感じます。

(゚∀゚)

 

 

人間には”環境適応能力”なんて

便利な機能がついているものですから

少しずつ進んでいくような違和感には、

なおさらに体が無意識に対応してしまうんですね。

(´・ω・`)

 

 

大体バラすとこんな感じです。

このまま走ってると危険なレベル!って訳じゃぁないけれど

ココを新品に交換すると走った感じは激変します。

セルフステアの要はココなんです。

(`・ω・´)ゞ

 

 

ココは、あまりにゆるいグリスだとすぐに流れ出てしまうので

少し硬めのちょう度のものを使うようにしています。

 

 

さっきのポストのネジはステンキャップボルトに替えておきます。

 

 

フロントフォークスプリングは、

オーナーのご要望でオーリンズのものをチョイスしました。

 

カワサキ純正の新品のインナーチューブも

スクーデリアオクムラさんトコに送って

表面を軽くホーニング処理してもらって組み付けです。

 

 

こういうちょっとしたナットやボルト一つで

車体全体の雰囲気は変わります。

 

交換しても安価なものです。

サビたボルトをそのまま突っ込むのは、

携わった人のただの怠慢だと私は思ってます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

ローターボルトが結構なヤレ感だったので

ボルトを交換しようとしましたが

 

 

この中華製ローター、インナーまで鉄なんですね・・・

(純正のインナーはアルミです。)

 

「さすが中国!俺たちに出来ないことを(略」

 

こういう粗悪なモノは、

あまりオススメしたくなく

(´・ω・`)

 

出来ればこのタイミングで交換しておきたい所ですが

この車両は、重要な部分の

不具合箇所が多い車両で、最終的には

それなりのコストが掛かりそうな見通しです。

(゚A゚;)

 

誰しも財源は無限ではありませんので、

地元のショップさんでも簡単に交換してくれるような

箇所はなるべくあとに回して

普段あまりバラしてくれないような所から順に替えていくのが

ニンジャドックでのジャスティスです。

(`・ω・´)シャキーン

 

 

アクスルシャフトは、軽くチェックしただけで5/100以上のフレがありました。

ピンポイントで強く曲がってるので、修正ではなく

出るうちに新品パーツで交換しておきます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

キャリパーサポートが留まってたボルトも

”生鉄先っちょだけペイントで誤魔化し仕様”だったので

ステンのキャップボルトに交換します。

 

強度的にはスチールですが腐食の問題があるので

ここはステンです。

(`・ω・´)ゞ

 

 

キャリパーのセンター出しをすべく

フロント周りの最終的な組み付けしてると、

どうにも動きがおかしい

(・д・)ナンダコレ

 

アクスルシャフトを規定トルクで締め付けると

ホイールの周りが悪くなる。

(ベアリングは既にチェック済みで問題なし)

 

そう言えばバラす時、シャフトの締め付けが緩かった。

(゚A゚;)マサカカクシンハン・・・

 

 

見ていくと、原因はこのスピードメーターセンサー

(゚д゚)!

 

ラジアルキャリパーを無理やりつけてる弊害で

メーターワイヤーの取り出し角度が適正に出来なくて

無理に下向けてるせいでフォークとセンサーが

噛み付いて接触してる

 

つまり今までは、

フロントのシャフトが完全に締まってなくて

フォークの間をホイールがカタカタ動いてる状態だった。

(゚д゚)ソリャフロントフワフワシテコワイワ

 

 

とりあえず当たってた部分を切削して

キチンとシャフトが止まるように対策します。

 

 

どの部分も1mm以上のクリアランス確保できました!

コレでOK!

 

非常に手間はかかるんですが

こうやって適当にやっつけ処理されてた箇所を

 

ひとつずつ改修してキチンとなっていく過程が

ちょっと快感だったりする私は

すでに変態の域に達してるのかも知れませんww

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

原Dさん 程度がイイ!はずだった ニンジャドック

  • 2018.07.02 Monday
  • 12:18

さて、もうすでに7月・・・

早いものですね。

((;゚Д゚))ガクブル

 

ついこの間まで3月頃だったのに

もう7月ですってよ奥さん!!!!11

(´・ω・`)

 

早くしないとお盆になっちゃう!

('A`)

 

只今、5月のGW明けにご入庫いただいた車両のニンジャドックに

ようやく取り掛かれたぐらいのタイミングで

(;´д`)

 

約2ヶ月遅れの状態を取り戻すべく

必死のパッチで頑張ってる所です。

 

今年は移転に伴ってか、

ありがたいことにご来店者が多めで

楽しくお話してると、

逆に思うように仕事が

進められなかったのもありますが、

 

やはり最大の理由は、

本年M.T.N最有力候補の

”ビッグ2”が連チャンで

この時期に重なった事も

一因ではないかと自己分析していますwwww

(;゚∀゚)=3

 

 

今回からは、そのビッグ2の片翼

原DさんのGPZ900Rニンジャドックをご紹介します。

(`・ω・´)ゞ

 

 

いつものことですが、

パット見は特に問題あるようには見えません。

仏壇風のオリジナルペイントが施された普通のGPZ900Rです。

(・∀・)

 

つい最近、地元の某量販店で購入したばかりで、

ほぼ買ったままで、どこがモデファイされているのかも

よくわかってないとの事

 

少々割高かと感じたが、かなり程度が良い!と推されたので

購入に踏み切った!とのお話でした。

 

ただ納車されてからあまり調子が良くなく

入退院を繰り返して殆ど乗ってないとのお話でしたので

 

入念にチェックしていきますね。

(`・ω・´)ゞ

 

まず、バラす前に試走をして現状の確認を・・・

と思ったのですが

 

ダメです。怖いコレ

お店の周りをフラっと乗っただけで

何とも言い知れぬ恐怖。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

何だろう、とりあえず何かフラフラするZO!

と車体を見回してみると

 

 

 

ん!?何だコレ ネジが緩んでる?

もしかしてマフラーステーの根本ココ?

ヮ(゚д゚)ォ!

 

 

てかこのマフラーをそんなひ弱い6mmの皿ネジ二本で

マウントするのはアウトかと・・・

('A`)ココマデモッタノガキセキ

 

そして、よりによって

Ω←こんな形のステー

 

細工するにしてもタンデムステップのマウントから

生やしてくるほうが楽そうに感じます。

 

フラフラしてた原因の一つはコレですね。

ここは要修正です。

 

 

ハンドル周りはすごい配線です

('A`)ウボァー

 

ステアリングを切ったら

配線が全員一斉にズルズルっとついてきます

め・・目眩がwww

 

 

ワンタッチカプラーの応酬です

小橋と健介どころじゃありません。

すごい量がありえないくらい複雑に絡み合ってます。

 

「コレ一個ずつ・・・全部キレ・・イに・・・しな・・いと・・・

・・・・・・・・

あれ・・・ココどこだろう・・・

暑苦しいなここ・・・出られないのかな

・・・おーい!出してくださいよ!」

 

( ゚д゚)ハッ!

 

危うくカミーユに連れて行かれて

精神崩壊するところでした。

気をしっかり持つんだ!俺!

 

 

ノーマルフォークにラジアルキャリパーを

ワンオフっぽいサポートを介してつけてますね。

 

アクセルワイヤーが強引に外に向けられています

ここ、何らかの対策しないと

すごい負担がワイヤーにかかってそうです。

(´・ω・`)

 

ディスクローターは純正っぽいしかし

なんだか違和感があるなと思ったら中国製です。

二枚で1万円以下で買えるヤツです。

ヮ(゚д゚)ォ!

 

 

リアスプロケットの歯は、すでにギザギザ状態で

チェーンは結構なサビです。

 

この減り方はもしかしてチェーンラインが出てないのかも

(;^ω^)

 

 

リアのアクスルシャフトは

真っ赤に錆びてて抜くことが出来ませんでした

スチールハンマーフルスイングでぶっ叩いて

ようやく抜けた代物です・・・

 

 

チェーンスライダーは、

お約束の上下共割れてどっかいっちゃった状態

 

 

このGPZ900Rを見てると

ふた昔ほど前の

アメリカから買い付けてきてた空冷ZやCBを思い出します。

(´・ω・`)トウジノワタシハデッチデス

 

相当なオンボロばかりで、キレイに直すには

それなりのコストや手間がかかりましたが

当時は仕入れ値も安かったので、

ピカピカに修理しても最終100万チョイで

キチンと整備された売り物になったんですよね!

(`・ω・´)ゞイマハタカスギ

 

 

そんな、仕入れたばかりの現状状態の車両を

この界隈の業界では「あらモン」と呼ぶのですが

 

まさに、あらモン状態っぽい車両だな・・・と感じました。

 

こういうのは、中途半端な治療の仕方では

入退院を繰り返すパターンになりますので

根本から徹底的にヤるしかありません!!!!!11

長い戦いの幕開けですw

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

T岡さん GPZ900R点検コース&モデファイ3

  • 2018.05.28 Monday
  • 12:14

日々の忙しさに追われてて

ふと気づくと、すでに九州が梅雨入りしたとのニュース

('A`)

 

今年は、

例年より少し早いとは聞きますが、

 

それにしても、もう梅雨入りですか

まさに光陰矢の如し・・・

頑張らないと作業予定は遅れまくり

 

「今こそ、燃え上がれ!俺の小宇宙よ!!!」

と息巻いてみるも、SPゲージを消費して

溜まった仕事を一気に消化!

なんてコトは出来ないのでw

 

コツコツ地道を積み重ねて頑張ります!

(`・ω・´)ゞシャキーン

 

 

さてそれでは続き参りましょう!

 

 

油温、水温の管理は

ヨシムラの新型デュアルテンプメーター

 

以前のモデルのように、常時二つ表示はしてませんが

ボタンで切り替えて水、油の温度を確認出来ます。

サイズもコンパクトになったし

文字も大きくて見やすいです!

(・∀・)イイ!!

 

アクティブ製メーター等の文字が小さすぎるタイプは

老眼キツめになってきた私には

非常に見にくいので、こういう

大きめのハッキリした表示は助かりますw

(;´∀`)

 

 

後付メーターといえば、センスを問われるのは取り付け位置

(`・ω・´)ゞ

 

ハンドルポストの上に共締めすれば

視認性もいいし、作業時間も一瞬

 

でも、どうしても!

あの”とってつけたようなやっつけ感”が嫌な私は

トップブリッジそのものにスマートに付く場所を探してしまいます。

 

純正トップブリッジなら

この裏に5mmのタップが切られていますので

ココを利用します!

(`・ω・´)ゞ

 

 

ココからメーターステーを出して留めれば

 

 

比較的スッキリついたかと!

(`・ω・´)ゞ

 

 

行き場のなくなってたホーンは

アッパーカウルのインナーフレームにマウント

ここなら配線加工の手間もなく、ボルト一本で留まって

他への干渉もありません。

(・∀・)イイ!!

 

 

初期型ミラーは格好いいけれど

アップハンで乗ると視認性が・・・とのことだったので

後期型ミラーに変更します。

( ^ω^)

 

コレもメーカーから新品が出るうちに交換しないと

絶版品になったら、またアフォみたいな価格になりますしおすし。

(´・ω・`)

 

 

昔のモノに比べ、アルミの地肌の処理など

少し製品が荒くなってるような気はしました。

 

とは言え、粗悪な中華製などとは一線を画すレベルですケドね。

(`・ω・´)ゞ

 

 

ついでにメーター周りをチェックしていると

明らかに燃料計の動作がおかしい

 

抵抗値を計測してみましたが急激に

ピコーン!と針が触れる有り様

('A`)ピコーン
 

ココも交換ですね!

 

 

後は圧縮の点検

 

プラグがほぼ締まってない

最近こゆのよく見る気がします。

('A`)

 

 

ガスケットが全くつぶれてないので

二次エアを吸ったり、圧縮がヌケるレベルです。

('A`)

 

あと、懐かしのノロジーホットワイヤーが入ってますが

ターミナルのアダプターが入っていません。

 

 

テイラーやノロジーのプラグキャップを使う場合は

アダプターがなければカチッとハマりません。

 

宙に浮いた状態での放電は

本来の性能を発揮できないばかりか、

危険でもあるので

すぐに正しい取り付けに治しておきます。

(´・ω・`)

 

 

とりあえず完成したので

オーナーに連絡

(`・ω・´)ゞ

 

 

明日取りに来るとのことで

最終確認にエンジン掛けると

キャブからガソリンがボタボタ・・・

ギャ━━(;゚Д゚)━━ス!!!

 

 

急遽、深夜までの残業にはなりましたが、

帰りの道中や引き渡してすぐにボトボト漏れてくることを思えば

調子の悪い場所を自分から申告してくれる

この車両は、おりこうさんです!!!11

( ・∀・)イイ

 

 

突然のお漏らしの原因は、

大抵がコレ

 

タンク内のサビがフロートバルブのゴムに

蓄積して閉まらなくなったケースですね。

 

画像ではチョッピリに見えますが

実際は、ガソリンが赤茶色になるレベルで

結構な量でした。

(´・ω・`)

 

 

根本からの解決法は、タンク内の錆取り洗浄ですが

オーナー曰く、取りに来れるタイミングが明日しかないので

タンクについてはもう少し様子を見る!との判断でした。

 

とりあえず現在の状態で洗浄し、入念な試走をし

不具合のチェックをした上で完成です!

 

 

点検コースだし、ご予算の都合もあるので

手を下せなかった箇所も多々ありますが

これから先の方向性は示せたと思いますYO!

(`・ω・´)ゞ

 

 

これからも大切にしてあげて下さい!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

 

T岡さん GPZ900R点検コース&モデファイ2

  • 2018.05.21 Monday
  • 12:02

先週末の5/19、5/20は

各地でいろんな催しが行われていたようです!

(・∀・)イイ!!

 

当初の天気予報では雨っぽい感じでしたが

皆の祈りが通じたのか!

イベント日和のよいお天気でしたね!

ヽ(=´▽`=)ノ

 

この時期のイベントは、私も参加してみたい催し

沢山あるのですが

 

GW迄に間に合わなかった作業&

GW明けにずらしてもらった作業の

”スーパーコンボ絶賛炸裂中”でして

('A`)

 

ちょろっと休んで遊びに・・・

|д゚)チラッ

 

とは、行ける空気じゃありませんw

|(;´Д`)

 

行くなら、事前からキチンと予定して

入念な準備しておかなくっちゃですね!!

 

さてそれでは続き参りましょう!

(`・ω・´)ゞ

 

 

点検コースのついでに

マフラー交換も!とのご依頼でしたので

マフラーをハズしていきますが

 

 

結構キテますねこの水パイプ

漏れた跡があるし、腐食も結構進んでます。

こりゃ交換しておかなきゃ、そのうち痛い目にあいます

(´・ω・`)

 

ってな訳で、

オーナーと相談して水回り一式コースの

オプションを適用することにしました。

 

 

中のOリングもかなり変形していましたし

交換は、よいタイミングだったと思います!

(`・ω・´)ゞ

 

 

パイプ類がキレイになると

エンジンの雰囲気も変わって見えますね!

(・∀・)イイ!!

 

車のようにエンジンが車体内部に格納されていない

”バイク”という乗り物は、

エンジンも外装デザインの一部です。

 

いくらカウルやタンクがピカピカでも

エンジン周りがドロドロだと

全体の印象として小汚く見えてしまうものです。

 

こういう細部がキレイだと気持ちいいですね!

(`・ω・´)ゞ

 

 

さて!それではあらためて、

マフラーを取り付けていきます。

 

コニカルゴルディにはこういう

リストラクター的なパーツが付属されています。

 

このカラーは内側がテーパーになってて

ピラミッドとの段差で起こる排気脈動の乱れを整えたり

中低速のトルクを増やしたりする役割を持っています

細かい所までキチンとしています!

(`・ω・´)ゞ

 

 

新品のピカピカマフラー

キズをつけてはイケないので

取り付けの際には養生テープを駆使して行います。

(;´Д`)ハァハァ

 

 

あとはサンクチュアリー製のアンダーチューブの短い方

正式名称は”サブフレーム”ですね。

コレを介してワイドラジエターをつけていきます。

 

 

アンダーチューブがついてないスタイルが好みなのだけれど

格好いいステーでキチンとマウントしたい!

とのご要望だったのでこの組み合わせになりました。

 

 

ラジエターとウォーターポンプを

繋ぐ鉄パイプはオミットして

ダエグホースに変更すると、

鉄パイプの横に飛び出した感じもなくなって

さらにエンジン周りのシェイプ感が増します。

(・∀・)イイ!!

 

 

ケツ上げ加工の終わったシートレールの

この部分に8mmのナッターをつっこんで

 

 

サイレンサーのステーを丁度いい角度に熱して曲げます。

 

 

コニカルゴルディ+超ショートテールパイプ+

ナイトロ コニカルチタンサイレンサーV3という

ややこしい組み合わせでしたが

(;^ω^)

いい感じのサイレンサーステーになりました。

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

T岡さん GPZ900R点検コース&モデファイ

  • 2018.05.14 Monday
  • 12:00

GWさえ越えたら楽になるハズ!

と思ってましたが甘かったようでw

(゚A゚;)

 

現時点でニンジャドック2台分程

の遅れが出ているにもかかわらず、

 

「今忙しいからGW明けにして!」

とお願いしてた車両が入ってくる流れになってまして

 

もう、ずっと難易度”ハードモード状態”です。

(;´Д`)

 

お店に、突然フラっと遊びに来ていただくのも

人間が大好きな私としては非常に嬉しいのですが

(*゚∀゚*)

 

作業しながらお話をして、

締め忘れやミスが出るのだけは絶対に嫌なので

 

どなたかご来店頂いている間は、

必ず手を止めて対応させていただいております。

m(_ _)m

 

「何時頃に遊びに行くYO!」と

ご予約いただいておれば

何時までにココまで仕上げて!と

スケジューリング出来るので、とても助かります。

(´;ω;`)ブワッ

 

当然、緊急時はこの限りではありません。

可能な限りで結構ですので

ご予約いただけますようお願いしますね

m(_ _)m

 

さて、それでは!

今回より新章

T岡さんのニンジャドックです。

(`・ω・´)ゞ

 

 

点検コース&カスタムのご依頼で入庫しました。

(`・ω・´)

 

外装は一度塗り直しているようで

とてもキレイですね!

 

 

シートレールをケツ上げ加工するので

まずはシートレールをハズして、

 

各部の点検からはじめます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

いきなり発見!

ヮ(゚д゚)ォ!

 

ピボットナットがありません

('A`)ウボァー

 

このステッププレート周りは

フレーム上下を連結している部分なので

小さなネジ一つとっても非常に重要です。

 

少し前に、某量販男爵様の所で

購入したとの事ですが

つけ忘れなんてことは考えにくいので

単純に締め忘れで、走行中に脱落のコースでしょう。

 

って事はもしや・・・と反対側をチェック

 

 

うんやはり緩んでる!

('A`)グムゥ

 

このネジすでに絶版ですから、

なにげに貴重なんですケドね・・・

(´・ω・`)

 

危うく二つとも飛んでいく所でした。

 

高速道路100kmで走行中に

こんな大きなナット飛んでって

後ろの車両に当たったら

(゚A゚;)ゴクリ

 

ちょっとした兵器よりも殺傷力あるカモですYO・・・

 

 

スプロケットを止めているナットもゆるゆる・・・

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

回り止めワッシャーも折り曲げられていませんでした。

('A`)

 

 

ついでにこのネジも緩んでる。

 

ダブルアールズや、スパイス製バックステップの方は

この部分に要注意です。

 

常に作動させる部分なのでよく緩んでます。

気づかずに遠出して出先でネジ脱落したらペダル操作出来なくて

非常に困ります。

こまめな点検大事ですYO!

(`・ω・´)ゞ

 

 

 

あと、ずっと気になってたんですが

 

このクラッチレリーズの向きwwwwwwwwwwww

 

いや、もうあまりに振り切ってるので

逆に笑っちゃいましたw

ゴメンナサイw

 

まぁちょっとでも思考したら

エア抜きのブリーダーが

下向く可能性って皆無だと思います。

(きっと最近の若者の仕業かとw)

 

それにこのレリーズ部分の3箇所の穴は

微妙にピッチが違ってて

正しく取り付けられる向きは一つしかありません。

 

この下に敷いているプラスチックのスペーサーが

よく割れてるのは取り付けの向きを間違えてるからなんですね。

(´・ω・`)

 

 

正しくはこうw

 

ちなみにこのクラッチ用ステンメッシュホースを

GPZ900R用の既成品で注文すると、

フレームの後ろをぐるーーーーーんと回って

ムダに長いものが届きます。

(純正がこの通り道でついているから単純にトレースしたのかと)

 

しかし、ZZRやZRX用の既成品で頼むと

 

 

純正がフロント側を通っているためか

最短距離を通ったものが届きます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

アレーグリなど、長さオーダーで作る場合は問題ないですが

今あるホースを測ったりするのが億劫な場合は、

 

ZRX1200R用、もしくはダエグ用で注文すると

スッキリとした見た目になりますYO!

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

SS倉さん コンプリートマシンニンジャドック7

  • 2018.04.30 Monday
  • 12:05

遂にGW突入しましたね!

マーベラスエンジニアリングは、2日の水曜からお休みで

今日、明日が最後の追い込みDEATH!

(;´Д`)ハァハァ

 

手早くブログを完成させて

作業に戻りますYO!!!

(`・ω・´)シャキーン

 

さて、

昨日4/29は、徳島絶版バイクショーに参加していました!

 

 

お天気がよかったので沢山の来場者がありました!

(・∀・)

 

 

トークイベントでは

インジェクションニンジャのお話をしたり

(`・ω・´)ゞ

 

 

ロードライダー編集長の月岡さんとも記念撮影したりして

終始楽しく過ごさせていただきました!!!!11

( ^ω^)

 

マーベラスブースを覗いて下さった皆様

ありがとうございました!

m(_ _)m

 

 

さて、それではSS倉さんの続きを参りましょう!

遂に完結です!

 

 

インテーク側の水パイプ周りは

漏れた跡が沢山あり、結構ひどい状態です

(´・ω・`)

 

 

長年漏れ続けたクーラントが蓄積して

固まっています。

('A`)

 

 

サーモケースの合わせ面Oリングは

GPZ900Rの泣き所の一つ

 

ある日突然、出先や、ツーリング先で

キャブレターの下辺りをびしょびしょにします。

(´;ω;`)ブワッ

 

そうならないよう定期的なメンテナンスは必要ですYO!

 

 

腐食して蓄積した部分はきれいに掃除します。

 

 

最後は合わせ面を砥石でキレイに均して

 

 

ちゃんと82度で開く

GPZ900R純正のサーモスタットを取り付けます。

 

 

こちらは某純正品の60度で開くサーモ

真夏はいいですが、それ以外、

特に冬にはオーバークールして

峠&街乗りの走り方では、70度より上がらなくなり危険です。

 

GPZ900Rは、真夏には多少お漏らしとかしますケド

基本的に熱には強いエンジンです。

 

しかし、オーバークールには敏感なので

限定された特殊な場所での使用でない限り、ウチでは

ノーマルのサーモスタットをオススメしています。

(`・ω・´)ゞ

 

 

この部分のゴムホース、バンドは

手付かずだった感じですね。

 

このホースバンドは

ネジで締め付ける能力を殆ど失っていました。

('A`)

 

こういうイージーパーツに痛い目に遭わされることが

本当によくあります。

 

やるなら中途半端はダメ。

交換する時は、周辺含め全てやってしまったほうが

後々安泰です。

(`・ω・´)ゞ

 

 

パイプはEX部と同じくKファクトリー製のチタニウムな逸品です。

カコ(・∀・)イイ!!

 

 

プラグは、レーシングキャブの場合は

イリジウムよりも通常のRプラグを推奨してます。

(`・ω・´)ゞ

 

そして、ウオタニSP-2が装着されてますので

プラグギャップはウオタニの指定値に

入念に調整します。

 

プラグギャップ軽視する方も稀にいらっしゃいますが

このスキマたった0.1mmの違いでキャブセットよりも

大きな効果が出ることもあります。

大事なポイントですYO!

(`・ω・´)ゞ

 

 

SP-2は熱の影響を受けにくい場所に移設しまして

 

 

例のフィルターは、

燃えにくい”3Dフィルター”に変更しておきます。

 

 

元々取り付けられていたサイドスタンドは

長さが足りてなくて、傾きがかなりヤヴァイ状態だったので

スタンドの底に厚みの異なるモノをイロイロ敷いてみて

正しい傾きを模索

 

 

一番いい状態だった時の厚みを測定すると

現状よりも21.5mm長いスタンドが必要だということがわかります。

(`・ω・´)ゞ

 

 

この黒いスタンドは、

ウチの製品を模倣して作ったアレなので

曲がり角やどこから曲がるかの位置まで完全に同じです。

故に延長するための採寸は、しやすかったですw

 

結局ノーマルよりも46.5mmロングなサイドスタンドになりました。

(`・ω・´)ゞ

 

 

スタンドの傾きも適正になって

各部もキレイになりました!

 

少し重かった押し引きも軽くなって

”キチンと整備されたバイク”という雰囲気になりました!

(・∀・)イイ!!

 

遂に完成ですね!!!!!!11

 

末永く大切にしてあげて下さい!

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

 

|彡サッ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM