H岡さんGPZ900R モデファイ5

  • 2019.02.18 Monday
  • 12:01

暦の上では立春も過ぎまして

梅が咲いたなんてご報告も

チラホラ聞いております!

(・∀・)

 

例によって

1,2,3月はあっという間に過ぎるので

春を待つ日々を、

短く感じるのが嬉しい半面、

 

一年で一番バタバタする

この期間は、出来るだけゆとりをもって

長くあってほしい!とも感じる

ジレンマw

 

ともあれ、少しづつでも

春が近づいてると思うだけで

やっぱりワクワクしてしまう私ですw

 

 

さて、それでは

H岡さんの続き参ります!!!!!11

(`・ω・´)ゞ

 

 

ラジエターのロア側ステーも

スッキリとうまくいったので

 

 

フロント周りのパーツを

決めてしまいます!

 

ブレーキはブレンボキャスティング!

キャリパーサポートはナイトロ製です!

(`・ω・´)ゞ

 

 

暫くほったらかしだった

FCRキャブを取り付けて

いざ着火式!っと思ったら

 

キャブレターから、

じゃぶじゃぶと大量のお漏らし・・・

('A`)

 

フロートでも引っかかったのかと

キャブを開けてみました。

 

 

かなり年季の入った

色合いのフロート

(※新品は真っ白です)

 

を尻目に目に入ったのは

 

 

フロート室底の結構な量のサビ!

ヮ(゚д゚)ォ!

 

 

タンクは塗装に出してるケド

コレ、タンクの中身

かなりヤヴァいのでは・・・

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

キャブも長年放置状態っぽいので

パリッとOHしたい所ですが

すでに予算オーバーしてますので

最小限の掃除と暫定処置で対応します。

(`・ω・´)ゞ

 

 

なんとか無事着火式も終わって

後は塗装を待つばかり!

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

 

この塗装、最初は

赤×黒のまま部分補修

の予定でした。

 

せっかくだから「全塗装したい!」

となって、「どうせなら仏壇に!」

とオーダーが変化したのですが

 

キャブレターのフロートを見る限り

タンク内に不安しかありません。

(゚A゚;)ゴクリ

 

塗装したてタンクのサビ取りとか・・・

めっちゃ気使うので

あまり好きではありませんw

(´ε`;)ウーン…

 

 

とか言ってるうちに

塗装仕上がってきました。

 

 

塗装そのものは

キレイに仕上がってきてますが

 

問題はタンクの中身・・・

恐る恐る覗いてみると

 

 

ぎゃああああああああああああああ

ヤハリ・・・

 

ペインターさんも

塗る前に一声欲しかった!

って気もしますが

まぁ私も確認不足だったし

しょうがない。

 

今後は、

ちょっとした補修のペイント依頼でも

タンクの内部まで

キチンとチェックが必要と

肝に銘じます!

(´;ω;`)

 

 

 

すごいですYOコレ・・・

振ると中でゴロゴロ、カサカサと

結構な音がしてます。

 

どうやら、DIYで

コーティングを試みたものの

 

それがうまくやれてなくて

サビが底から浮いてきて

 

表面の薄いコーティングを

すべて剥がしていってる印象

(´・ω・`)

 

おまけに、

全体にまんべんなく伸ばせてないので

底面には大量の塊ががが

(゚A゚;)ゴクリ

 

くれぐれも・・・

素人のタンクコーティング厳禁と

覚えておいて下さいね

(´・ω・`)

 

 

とりあえず

何とかしないわけにはいかないので

 

困った時の

”花咲かGさん”に助けてもらいます。

 

漬け込むタイミングと

温度バランスにコツがいりますが

 

私の中では、タンクの錆落としは

やはりGさん1択です。

 

(あまりにヒドいモノは

穴あいたりする事もあるので注意が必要です。)

 

 

しばらく漬け込むと、

まぁ出るわ出るわ・・・

 

 

中から大量の具が出てきます・・・

剥がれた錆の塊やら

コーティング剤やらです。

('A`)

 

寒空の中、タンクに水を入れて

振っては出してを何度も繰り返します。

コレで風邪引いたなんて噂もありますw

 

 

大きめの具は穴から出せないので

穴付近まで手繰り寄せて

 

先の長いニッパーなどで

小さく砕いて出します。

 

ホントに大変でしたが、

ずいぶん良くなったと思います。

 

 

仕上げにコック内もキレイに洗浄して

”レンコン”はひっくり返しておきます。

 

 

使いづらい純正のスクリーン裏の

ナイロンナットは

ウェルナットに交換すれば

空回りすることもありません。

(`・ω・´)ゞ

 

 

スクリーンは

マーベラスオリジナル 

ダブルバブルショートスクリーンの

スモークに交換します。

(`・ω・´)シャキーン

 

 

そしてついに完成です!!!!!11

 

ベースが結構凄かったので、

まだまだ問題点は山積しているとはいえ

限られた予算の中で

かなりよくなったと思います!

スバラ(・∀・)シイ!!

 

ここからは、少しずつでもいいので

 

手を加えながら

完成形へと仕上げていきましょう!

 

 

これからも大切にしてあげて下さいね!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

H岡さんGPZ900R モデファイ4

  • 2019.02.11 Monday
  • 12:00

インフル気をつけて!

 

とアレだけうるさく言ってた私ですが、

ついに発病して4日程寝込んでました

(゚A゚;)ズコー

 

先週土曜日(2/9)のお昼から復帰して

やっと快調に戻りました!!!11

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

 

私みたいな

一人でやってる自営業者は

 

私がダウンしたら、

何もかも、ぜ〜んぶストップです

('A`)ダメ。ゼッタイ

 

なので、引く風邪はしょうがない!

なんて甘いコト言ってられません

 

引くやつが100%悪い!でデフォです。

(´・ω・`)クソー

 

この、ロスした4日の遅れを

頑張って取り戻さなくっちゃです!

(`・ω・´)ゞ

 

 

さて!それでは

続き参りましょう!!!!11

 

 

 

ケツ上げ加工なども

ご依頼いただいてるので

 

シートレールを外していきます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

リモートアジャスターとステーの

取付がキチンと出来ていないと

この荷掛けフックが接触して

収納が出来ません。

 

稀にこんな状態を目にしますが

正しくつければ

キチンと機能しますYO!

 

ついでに直しておきますNE!

(`・ω・´)ゞ

 

 

ステップ部分は違うネジを

無理くり突っ込んで

しかもひとつ脱落した状態

('A`)

 

 

スライダーはこんな状態。

流石にココは交換です!

 

 

フェンレスフルキット

+ケツ上げ加工された

シートレールを取り付けていきます!

(`・ω・´)ゞ

 

 

バックステップはナイトロ製

 

 

回りがキレイになっていくと

水パイプ類の汚さが非常に目立つようになってきました

(゚A゚;)アッー

 

 

結構キテます・・・。

 

遠いところから来られてますので、

帰り道の道中で水漏れされてもイヤですし

(´・ω・`)

 

 

今回の依頼外なので、

完全に予算外になってしまいますが

オーナーと相談して、水周りも一式交換することにしました。

 

 

もうコレ全部漏れてる跡ですからNE・・・

今やっとかなきゃ絶対に大変なことになります!

(゚A゚;)ゴクリ

 

 

ホースバンドを含めパイプ、ホースすべて新品に交換です!

(`・ω・´)ゞ

 

水周りがキレイになったので

本題のマフラー交換に移ります!

 

マフラーはコニカルゴルディ!
(`・ω・´)ゞ

 

 

ずいぶん雰囲気も変わってきました!

(・∀・)イイ!!

 

 

 

オイルクーラーの取回し的に

隙間を通ってキズが入りそうだったので

耐熱シートをワイヤリングして

入れておきました。

 

 

マフラーを交換したら、

もともとついていた

 

ZZRの流用ラジエターと、

それ専用に作られたっぽい

ワンオフステーが、どうしてもつかない

(ーー;)グムム

 

 

ってなワケで 大層なステーは廃棄して

シンプルなステーを製作

 

現行のSSとか、大体この方式でマウントされてますし

この方がスッキリしてて格好イイ!

カコ(・∀・)イイ!!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

H岡さんGPZ900R モデファイ3

  • 2019.02.04 Monday
  • 11:38

あっという間に2月です!

ヮ(゚д゚)ォ!

 

例年のことなのかも知れませんが

インフルエンザ!

めっちゃ流行ってるみたいですね!

 

私のまわりにも、発病して寝込んでた!

なんて方が沢山いらっしゃいますYO

('A`)

 

風邪をひく前の予防も大事ですが

インフルに感染した方だけじゃなく、

家族に感染者がいる方なども、

 

保菌してる可能性も高いので

外出時にマスクを常備するなど

感染拡大しないよう

気をつけてあげて下さいね。

(´・ω・`)

 

さて!それでは

H岡さんの続き参ります。

 

 

交換を余儀なくされたステムを

バラしてみると、

 

劣化したリチウムグリスの表面に

モリブデングリスをサッと

なすりつけたような

ベアリングが出てきました。

('A`)

 

流用加工なので

ステムシャフトは打ち直してるハズ

なのですが

わざわざベアリングは使いまわした気配

(´;ω;`)ブワッ

 

でも、もう最近は

こんな事ぐらいじゃ驚かないクマw

(`・(T)・´)シンピンニコウカンデスシオスシ

 

 

ハンドルストッパー部分が、

溶接加工されてます。

ヮ(゚д゚)ォ!

 

コレは、ハンドル切れ角の確保に

ちょいと工夫がいりそうですね

(´・ω・`)

 

 

つかないものを加工する場合は、

本体ではなくあとから付ける

”部品”の方でやらないと

仕様変更の時に大変になります。

('A`)

 

蛇足ですが、

バイクを売る場合ストッパー部分に

溶接や加工の跡があると

”事故修復車両扱い”になって、

 

車両としての査定額が

殆どなくなってしまうコトもあります。

 

カスタムビルダー側としては、

取り付けに関して

様々なアイデアや選択肢がある中で、

 

”最も楽に加工できる方法”じゃなく

”後々安心な方”を

チョイスしていきたいものです。

(`・ω・´)ゞ

 

 

使うステムはコレ

ウイリー ストリートトリプルツリー

ブラックアルマイト仕様

カコ(・∀・)イイ!!

 

 

フロントフォークは

ちょうどいいタイミングで

売りに出てたオーリンズ正立をチョイス

( ^ω^)b

 

 

キレイになったヘッドにカムを乗せて

タペット調整を机上で先に終わらせたら

 

 

シリンダーヘッドを

パイルダーオンします!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

キチンと規定トルクで管理して

バルタイ取って!

 

 

オーナーが持ち込んだ

朱色の結晶塗装ヘッドカバー

を取りつけて、

エンジンセクションは完成!

 

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

H岡さんGPZ900R モデファイ2

  • 2019.01.28 Monday
  • 11:58

ふと気づけば、

怒涛の引っ越しから

はや一年が経とうとしてるんですね。

ヮ(゚д゚)ォ!

 

当たり前にあったモノがなくなったり

新たに便利なものが台頭してきたりで、

時代は目まぐるしく変わっていきますが

 

毎年、寒さのピークを迎える度に

大変だった、あの移転オープンを思い出すのかな

なんて考えてる今日この頃ですwww

 

空気が乾燥しているので、

くれぐれもこの時期は、

健康にはお気をつけ下さいNE!

(`・ω・´)ゞ

 

 

さて、それでは

H岡さん続き参りましょう!!!!11

 

 

事故の絡みがあるので、側面に深く傷の入っていた

シリンダーヘッドを交換します。

(今現在、ファイナル用ヘッドのみ まだ部品出ます)

 

カムシャフトもキレイなモンですね。

ε-(´∀`*)ホッ

 

 

この車両はオーナーが中古で購入したもので

何もしていないから

「エンジンはノーマルのはず」との事でしたが

 

吸気ポートを覗いてみると、

何やら表面がデコボコでキズだらけ・・・

 

コレは、やってみた!的なDIYポートの予感

ヨカ━━(゚∀゚)━━ン!!

 

 

基本的にポートは

ヘッドが降りた状態でしか加工出来ません。

即ちコレは、中身もDIYの可能性が大です。

 

鬼が出るか蛇が出るか・・・

恐る恐るヘッドをご開帳してみますと

 

 

WISECOが入っていました。

ヤハ-(゚д゚)-リ!

 

この画像を見るだけで

分かる方には分かるのカモですが

チョット気になる雰囲気です。

('A`)

 

エンジンは、開けてしまうと

見たくないものまでいろいろ目に飛び込んできますので

アレもコレもキチンとしたくなるモノですが

(´;ω;`)ブワッ

 

今回は他にも沢山交換部品があって、

予算上限もピッタリ決まってますので

ココの問題はひとまず先送り!

 

エンジンセクションで手を入れるのは

今回はヘッド周りのみDEATH!!!!11

(`・ω・´)ゞ

 

 

燃焼室はこんな感じ

('A`)

 

 

かなりオイルまみれのバルブです。

燃焼室内に多めに油が入ってた証拠ですね。

(´・ω・`)

 

再利用可能なバルブのみ

この中からサルベージしてお掃除

あとは新品に交換です!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

 

こちらが新品のシリンダーヘッド様!

ふつくしい・・・

(・∀・)

 

 

バルブと組み合わせて、

すり合わせ&アタリをみたらキレイに洗浄します。

(`・ω・´)ゞ

 

 

 

見違えるようにキレイになりました!

(・∀・)イイ!!

 

 

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

 

H岡さんGPZ900R モデファイ

  • 2019.01.21 Monday
  • 12:03

毎日寒いですね。

(´・ω・`)

 

例年に比べたら暖冬とか言われてるし

四国なんて、日本全国から見たら

十分温かい方だと思うんですが

それでも寒いですw

(´・ω・`)サムイノキライ

 

インフルも流行ってきてるようなので

皆さん健康には十分お気をつけ下さいNE!

 

 

さて、今回はH岡さんのGPZ900R!

 

 

最近は赤/ガンメタ率が高めで

一時期に比べ、赤/黒を見かける機会が

少し減ったような気がしていますが、

 

私が限定を解除した92年頃は、

新車のニンジャといえばこのカラーで

万年金欠小僧だった私には、

まさに羨望の車両でした。
(・q・)

 

貯金していつか、赤黒のニンジャに乗る!

と、借り物のゼファー750を転がしながら誓った青年は

 

いつの間にか

緑色の毒に汚染されてしまい

”ライムグリーンしか愛せない変態”へと

変貌してしまいましたが

 

今でもライムの次にこの色が好きです!

(・∀・)イイ!!

 

 

しかし、低い車高です・・・

('A`)

 

昔なら、この低さだと

セブンスターを横向きにおくんですがw

時代が変わってしまったので

空き缶を置いてみました!

 

いやー低い・・・

これだけ低いと危険ですね。

 

 

案の定エキパイの底はこんな事に

(´;ω;`)ブワッ

 

 

フロントフォークにZZR1100D用が

流用されているのですが、

全く延長されていないので

長さが足りず、この車高になっているようです。

 

ZZR用をGPZ900Rに流用する場合は、

絶対に延長が必須なのですが、

 

流用という観点だけで見るなら

ZZRフォークよりもZRXフォークの方が長いし

フルアジャスタブルで調整幅も高いので

これから行う方にはZRX用をオススメします。

(`・ω・´)ゞ

 

 

しかしこのフロントフォーク

シールがお漏らし状態で要OHです。

('A`)

 

 

おまけに、インナーチューブかアンダーステム

どちらかが、結構な勢いで曲がってるご様子

('A`)

 

オーナーに伺った所

もうこの機会に刷新することになりました!

(・∀・)イイ!!

 

 

カウル類も割れたり欠けたりしてる部分が沢山あるので

FRP製の製品に交換です!

(`・ω・´)ゞ

 

 

水周りも随分手が入ってない雰囲気ですね

こちらも要交換です!

(`・ω・´)ゞ

 

 

予算が決まってるので

全てを改修することは難しいですが

出来る範囲内で最高のカタチに仕上げていきますYO!

 

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

吉Nさん トップガンニンジャドック7

  • 2018.11.26 Monday
  • 12:00

あっという間に

11月も終わろうとしていますね。

 

”12月に入った途端に年末が来る”のは

いつもの事。

(´・ω・`)

 

ココ踏ん張りどころですね!

頑張らなくっちゃ!!!!!!11

 

世間は三連休だったので

この三日間は、いろんな方に入れ替わり

ご来店いただいて、賑やかで楽しく

ありがたいなと思う反面、

作業は全く進まないというジレンマw

 

誰もが、一度ならずとも

考えたことがある

「ああ、自分がもう一人いたら・・・」

ってヤツですねw

 

もう10年くらい経ったら、

技術が進歩してパーマンの

コピーロボット作れないでしょうかw

(クローンはリセットできないからダメw)

 

作業はずっとオリジナル(本物)がやるので

ご来店いただいた方の対応と

発注業務、メール対応だけ

コピーがしてくれたら、

 

お断りしてる仕事、全部やっても

まわる気がするんですがねwwwwww

 

っと妄想しててもしょうがないのでw

参りましょう!!!!!!!11

 

吉Nさんシリーズ最終章です!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

赤い矢印の部分はジェネレーター。

ここが汚れてる車両も多いのですが、

 

実はここ、スチール製のカバーが付いてるだけなので

ネジ三個で、すぐハズすことが出来ます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

解体屋で拾ってきたかのようなサビサビ

(´;ω;`)ブワッ

 

こういうちょっとした細部がキレイなだけで

車体全体の雰囲気が決まります。

 

 

せっかくなので、

ちょっとひと手間かけて塗装し直しです。

キレイになりました!

(・∀・)イイ!!

 

 

ついでなのでキャブレターもチェックします。

 

 

OHされた形跡はありますが

底には何か具が入ってます。

('A`)

 

コレは・・・内部までキレイに清掃した方がよさそうですね!

 

 

セッティングそのものも見直しですが、

ジェット類は何度も締めたり緩めたりした形跡があったので

まずは新品に交換して、本当に適正か見極めます。

 

パイロットスクリューが異様なほど緩んだ

不思議セッティングでしたので、結局全て変更になりました。

コレで燃調は快適なはず!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

 

スイッチはOWで、

ハイスロはアクティブの”EVO”

これは本当によく出来たハイスロです。

 

見た目の好みは人それぞれですが、

性能だけを追求するなら、キャブ車にとって

コレ以上のものは、この世に存在しないレベル。

(`・ω・´)ゞ

 

 

同調もキッチリ合わせておきます。

くるってる時と、揃いだしてからは明らかに音が違います。

(`・ω・´)ゞ

 

 

エアクリーナーは、PMC製スムースストリームに交換

(・∀・)イイ!!

 

 

ブラックをチョイスしたので主張しすぎずいい感じです!

 

そして、遂にタンクも塗装からあがってきました!

やっぱ、タンクカバーじゃ不具合も多いですからね!

(`・ω・´)ゞ

 

 

そして遂に完成です!!!!!!11

888888888888888888888

 

 

結局、電気関係は、点火系を含んで全て新品になったので

快調になったはず!!!11

 

ずいぶん長くお預かりしたケド、

7月上旬には納車と相成りました!

ヽ(´ー`)ノ

 

 

 

んで、紆余曲折あって

あっちこっち楽しく走り回ってたんだけど、

ツーリング先でちょいとアンラッキーがあって

今こんな感じw

Σ(´∀`;)

 

 

大丈夫。

 

君のその情熱があれば

このバイクの魂は何度だって蘇らせるさ!

(・∀・)b

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

吉Nさん トップガンニンジャドック6

  • 2018.11.19 Monday
  • 12:08

気温が上がったり下がったりを

繰り返しながら、少しずつ冬がコチラに近づいてきます。

(´・ω・`)

 

最近の私は、5〜11月のオンシーズンは

初号機でサーキットメインで、

12〜4月のオフシーズンは、弐号機でツーリングなどの

街乗りをメインに走り回っています。

(`・ω・´)ゞ

 

私は、冬のツーリングも結構好きですよ!

(・∀・)イイ!!

 

 

 

オーバークールにさえ気をつけていれば

熱に弱いバイクのエンジンにとっては、

むしろ真夏の暑さより快適です。

 

一つだけダメなのが、高速道路や橋の上に撒かれてる

凍結防止の”塩カル”ですね。

 

コレがついたまま放置しておくと

あっという間にフレームやホイールが腐食しますから

真冬に走った後は、必ず足回りやフレームの裏側を

キレイに流すことが大事ですYO!

 

さて、それでは時限イベント連発で

随分期間が空いてしまいましたが

(;´Д`)

 

吉Nさんシリーズの続き参ります!!!!11

 

 

ステム周り、スイングアーム周り、配線類まで完成した所ですね!

 

 

オーナーと相談して、

結局ディスクローターは、

サンスター製に交換することになりました。

 

サンスターは、

殆どの純正供給をしてる信頼あるメーカーです。

 

リプレイスパーツの種類も豊富ですが

その中の一つである”カスタムローター”は

一枚¥26,000と、とてもリーズナブル!

 

純正の320ローターの価格が¥29,300ですから

(2018/11/19現在の価格です。)

 

見た目さえ嫌いでなければ、

純正クオリティで、純正よりも安い!と

いいことずくめのディスクローターですね!

 

サンスター製品は、マーベラスでも特約店契約して

販売しています。

 

特にニンジャ系のローター大径化に伴う互換性や

キャリパーサポート類の情報は、

ほぼ検証済みで網羅してますので、

お困りの方はお問い合わせ下さいね!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

さて、元ついてた、

オカモトゼロワンと勝負できそうな

”うすうすローター”をハズしてみると

ホイールのハブ部分、ディスク取付面まで塗装が施されていました

('A`)マジデ

 

通常であれば、

ココは、0.01mm単位で

キチッと平面化して寸法出しされている箇所で、

塗料を乗せてはイケない所です。

 

塗料やゴミが混入して高さが不均一になると

ローター曲がりの原因になったり

異常に鳴きが出たりする繊細な部分です。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

現状は好ましくない状態ですが、

近々ホイールは交換を予定しているとの事だったので

暫定処置で砥石でなるべく均して取り付けをしておきます。

(´・ω・`)

 

 

DIY感覚で、カスタムや整備を行うのはとても楽しいことですよね!

(・∀・)イイ!!

 

でも、公道を走らせる以上、

無知はいずれ誰かを傷つける可能性があります。

 

それは一緒にバイクを楽しむ仲間の一人かも知れないし

歩道でベビーカーを押してる若いお母さんかも知れません。

(´;ω;`)ブワッ

 

やるからには、必要な知識や情報を

もう一歩、二歩まで踏み込んだ所まで集める努力や、

答え合わせをショップに頼むなどの”律し”が必要だと

私は思いますYO!

(`・ω・´)ゞ

 

 

バックステップとプレートを止めているボルト

 

なんだか様子がおかしいなと思ってハズしてみると

”やっつけ感”満載のM6ボルトと裏ナットで貫通されてました。

 

 

ホントはM8のキャップボルトで止まってる部分です。

 

 

ステップは荷重を掛ける部分なので

強度の足りないネジで止めるのは危険ですね!

 

しかし・・・よくもまぁこんなボルトで・・・と思いますw

見つけられてよかった!

(・∀・)

 

 

リアのアクスルシャフトも

新品が出るうちに交換します。

 

 

長かった戦いも終焉を迎えそうです!

(`・ω・´)ゞ

 

 

次回完結かな!

 

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

吉Nさん トップガンニンジャドック5

  • 2018.10.29 Monday
  • 12:12

朝晩は、何だか急に冷え込んできて

晩秋を思わせます。

(´・ω・`)

 

目の前に迫った

オフシーズンに向けて、今のうちに

十分楽しんでおかなくっちゃですNE!

(`・ω・´)ゞ

 

 

私も、今年中にもう一回、

サーキット走行に行きたかったのですが

 

この仕事量とイベントのタイミングを考えると

やっぱもう無理かなと思いましてw

本年のサーキットは、前回をもって

走り納めとする事にしました。

('A`)

 

 

去年に配信した、

YOUTUBEの走行動画みたいなのを

また見たい!とのお声にも応えたかったので

 

動画チャンスもずっと狙ってたのですが

これ以上の撮影が無理と確定したので、

今ある素材で制作奮闘中です。

 

晩酌ちびちびやりながら、

寝るまでの時間を費やして

早1週間・・・w

 

手紙は、感情の高ぶる

夜に絶対に書いてはいけない

との格言もあるので、

ブログは必ず朝するようにしてますが

動画は夜でもいいかなと思ってますw

 

しかし動画編集って

ホント面倒ですねwwwwww

 

 

多分去年も今頃の時期に

配信した記憶ですが、

もう暫くだけお待ち下さい!

(;´Д`)

 

動画は、知らない間に

2万再生とかされて!

チャンネル登録してくれるような

酔狂な方もいらっしゃるようなので

m(_ _)m

 

これからは毎年、最低でも1本以上は

制作したいと思ってます!!!!11

 

ただのネタ動画ですが、

まだご覧になってない方は

是非一度御覧下さい!

https://www.youtube.com/watch?v=zozOiRq9g2E&t=4s

 

 

さてそれでは、

吉Nさんの続き参ります!!!!!11

(`・ω・´)シャキーン

 

 

今回はスイングアーム周りから!

(`・ω・´)ゞ

 

 

チェーンスライダーは交換済のようですね。

ブラックに塗装されているので

その時にでも替えたのでしょう

(・∀・)イイ!!

 

 

このチェーンスライダーを

止めている+ネジは、

必ずネジロック剤を塗布すること。

 

ゴムへの面圧のみで止まってる箇所なので

締めすぎるとゴムが破損しますし

座面を守りすぎると緩んで脱落します。

(`・ω・´)ゞ

 

ピボット部分は

ベアリング&カラー&シール、

全て交換しておきます。

 

 

フレームとリンクを繋いでいる部分のナットは

切り欠きのついた特殊な専用ナットなのですが、

この車両には普通のロックナットが使われてますね!

機能的には何ら問題ないのですが、

 

正規品とは違うのでキッチリしたくなります。

そんな高価なものでもないですしおすし。

(;´∀`)

 

 

ストックしてあった正規品に交換して

在庫が0になったので補充すべく注文しようとしたら

はいまた絶版・・・

\(^o^)/オワタ

 

すごい勢いで純正パーツなくなっていきます

(´;ω;`)コンナンバッカシヤ

 

今後はロックナットで止めるしかなさそうです。

 

 

リンク周りのベアリング類も全て交換したら

サクッと組み付けて

こんどは配線を全てひん剥きます!

(`・ω・´)ゞ

 

 

この車両は、電気系がとにかく一番怪しいので

電気周りを全て交換します。

 

・メインハーネス

・メーターハーネス

・バッテリーにつながる配線類も全て

 

点火系は全て変えます。

・イグナイター

・ピックアップコイル

・ピックアップローター

・イグニッションコイル

・コード

・プラグキャップ

・プラグ


以上ですね!

 

 

この辺りもどんどん欠品が進んでますので

早めに替えておきたい部分ですね。

 

 

1ピック用の純正ピックアップローターが

欠品になってますが、”完全に一致”状態の

他車種用が流用出来ます。

 

こちらもKAWASAKIさんが

いつまで販売してくれるか謎ですが

もう暫くは安心っぽいです。

(゚A゚;)ゴクリ

 

 

コイルとイグナイターはSP兇

(`・ω・´)ゞ

 

 

プラグキャップは安定の純正品

(キャップには向きがあるのでご注意を)

 

 

機械的な故障は、

応急で何とかなる場合もあるのですが

 

出先での電気的な故障は、”ジ・エンド”

になるケースも多いので

 

注意が必要です!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

吉Nさん トップガンニンジャドック4

  • 2018.10.22 Monday
  • 12:05

いいお天気が続きますね!

(・∀・)

 

今バイクに乗らずにいつ乗るんだ!

って感じのベストシーズンです。

(`・ω・´)ゞ

 

各地でイベントも目白押しですし、

暑さ寒さを、

やせ我慢しなくても

普通に革ジャン着て走れる時期なので

 

普段あまり乗れない方も

この時期だけはあちこち出かけてるようで

なによりです!

( ^ω^)

 

ウチは相変わらずバタバタで

ご迷惑おかけしています。

(゚A゚;)ヒー

 

稀に、飛び込みで入庫OKか?と

ご連絡いただくこともあるのですが、

半年以上お待たせしている方も

何台かいらっしゃって、ご不便おかけしてる状態です。

m(_ _)m

 

ご依頼いただくのは

とてもありがたいことなのですが、

去年より、この時期に入庫のご予約頂いてる方もいて

綿密なスケジュールで入出庫を管理しないと

保管スペース的にも難しい状態です。

 

お手数おかけ致しますが、

ご依頼の際には、お早めにお電話でお問合

いただけると助かります。

 

また、

くれぐれも飛び込みで置いていくのは

ご勘弁下さいNE!

m(_ _)m

 

 

 

さて!

それでは吉Nさんの続き参りましょう!

 

 

水パイプ周りを交換していきます!

(`・ω・´)

 

 

ドレインから抜くと

出てくるクーラントはキレイに見えますが

コレはただの上澄み。

 

 

中はこんな感じで具がいっぱいです・・・

('A`)ウボァー

 

 

外見はコレくらいの感じでも、

ハズして中見ると、

 

 

こんなんです

('A`)マッチャイロデザラッザラ

 

車検や点検をユーザーなどで済まして

クーラントをキチンと二年おきに交換しないで

乗ってるとこんなことになる可能性が

一気に高まります。

 

こうして発生したサビは

洗浄剤などでキレイにしない限り、

ずっと残ります。

(´・ω・`)ショボーン

 

オイルは神経質に交換するのに

クーラントには無頓着(^q^)

って方も結構いらっしゃるので

注意が必要ですYO!

 

 

このラジエーターキャップも

新車時からそのままっぽいですね

マジ(゚д゚)デ!

 

このスプリングがヘタると

圧力バルブの能力が下がるので

水の沸点が上がりにくくなり

ヒートしやすいエンジンになります。

 

(ウチではプロトのクールテックタイプSを推奨してます。)

 

GPZ900Rにとって水温の管理は

切っても切れない存在です。

ラジエターキャップは、

車検ごとくらいに交換してもいいぐらいですNE!

(`・ω・´)ゞ

 

 

インテーク側のパイプをハズすと

サーモスタットが交換された形跡がありました。

 

さすがにココはよくお漏らしする所なので

交換されたんですね。

( ^ω^)

 

 

しかし、サーモケースとパイプをつなぐ

部分は、古いOリングに

お風呂のコーキング的なモノを

塗りたくって施工されてました

(´・ω・`)マジカー

 

このOリング、新品で買っても

194円なんです。

 

 

例えばこの部分単体の

交換作業をするとしたら

 

タンク外して、クーラント全部抜いて、

キャブレターをハズさないと

このパーツをハズす事は出来ませんから

アクセスまでには、

それなりの手間がかかります。

 

なので、私ならこういう

要の消耗品やOリングは、

バラした機会に全て交換します。

 

 

折角ここまでやって

ココ横着して、ツーリング先でココから漏れたら、

って考えてしまうんですよね。

 

携わる人間の性格もあるのでしょうが

やったことが全て無駄になるような事は

悲しいので、もったいないなと感じてしまいます。

(`;ω;´)

 

 

とりあえず水パイプ、ホース、バンドは

全て新品に交換しました!

これでキチンとクーラントを交換して使えば

また向こう10年くらいは

水のトラブルないハズですYO!

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

吉Nさん トップガンニンジャドック3

  • 2018.10.08 Monday
  • 12:14

天高く馬肥ゆる秋

いいお天気が続いてます!

やっぱ秋はこうでなくちゃ!

(・∀・)

 

三連休なのもあって

各地で様々なイベントが展開されてますね!

 

私は、明後日

旧体育の日の10/10に

岡山国際サーキットで行われる

ウェンズデイカップに参加してきます!

(`・ω・´)

 

天気予報では、

水曜日のみピンポイントでお天気悪そうな

ヨカーンですが、てるてる坊主作って

祈ってます!!!!11

(`・ω・´)ゞ

 

 

 

さて、それでは

前回の続き参りましょう!!!!11

 

 

パルサーカバー周辺は、

オイルでグチョグチョになってます。

('A`)

 

Z系ならいざ知らず

ニンジャ系でキチンと整備されてても

ココがこんなにオイリーな車両ってそうありません。

 

点火系の部品は、今回

全て交換してしまうので

その際に改修するとします!

(`・ω・´)ゞ

 

 

水ホースやパイプ、バンドに至るまで

ダメージが見受けられます。

 

この車両、

仮に、エンジンOHを

ホントにしてくれてたとしても

このホースとバンドを一度外してるのに

再利用可能と判断する価値観を持った人が

組んだエンジンって、

 

一体どの部分を交換してくれたんだろう

と考えてしまいます。

(´・ω・`)

 

 

この車両はA-10(93年式)です。

25年前なので、決して新しい年式ではありませんが

巷に溢れるA-10ニンジャに比べると

ヤレ感が激しいように感じます。

(´・ω・`)

 

このフレームのサビサビは、

いつの日か全バラした時にでも

西村コーティングするしかありませんね!

 

 

フロントフェンダーの

M6キャップボルトで止めるホールには

頭が8mmの六角ボルトが無理やり突っ込まれてました。

長さが合うネジが無かったんでしょうか

 

コレは超薄型のソケットでも入らないので交換ですね

('A`)

 

 

とりあえずフロント周りをバラしていきます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

ステムベアリングは、

まぁこんなもんでしょう。

('A`)

 

 

きれいに抜けて、

シャフトにも緩いなどの問題はありませんが

アルミの腐食が結構キテますね。

 

このままの仕様で使うなら、

この辺もブラスト当てて、

パウダーかダイヤモンドコートすれば

パリッと仕上がりますが

 

将来的にはZRX系フロント周りに

交換を計画中との事なので、

暫定でこのままいきます!

(`・ω・´)ゞ

 

 

ニンジャドックしてるとよく見ます

こういう

”ちょっと残して斜めに切ったタイラップ”

(俗に言う結束バンドです。)

 

コレは”ただの凶器です”

 

こういう雑な整備をされた後の車両に触ると

すぐにあちこちが血だらけになります。

(´;ω;`)ブワッ

 

 

タイラップの基本はキチンとツラに合わせて切ること。

( ー`дー´)ココダイジ

 

細かいことをキチンとやるのが

何の仕事でも基本だと思います。

( ^ω^)

 

「このレベルの事が

意識せずに出来て初めて3流を卒業!」と

昔、師匠に厳しく指導されました。

(;´д`)

 

少し残したら緩んだときにも安心?

 

いえいえ!このタイプは構造上

ノッチが壊れた時には

もう締め付けは外れてしまってるので

二度と噛み合う事はありません。

 

故にわざわざ、

ちょっぴり残す意味はないです。

 

あと、いくら安くても、

中華のタイラップはダメです。

(`・ω・´)シャキーン

 

すぐにノッチ部分が壊れますので、

少々高くても3M製を使うのが

ウチではデフォルトです。

 

要の部分は、ちゃんとしたものを使う事

転ばぬ先の杖ですYO!

(・∀・)

 

 

ディスクローターもかなり薄くなってますね。

元々の厚みは4.5mmで使用限度は4.00mm

活動限界まであと0.08mmです。

('A`)

 

ここはオーナーと相談して交換となりました。

 

 

Fアクスルシャフトを点検。

ダイヤルゲージがぐるんぐるん回転してます!

 

何だコリャ・・・

あっちもこっちもダメだらけで

悲しくなってきます。

(´・ω・`)

 

曲がってる箇所が、

一箇所だけじゃなく複数箇所でボコボコですので

新品が出るうちに交換しておきますYO!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM