K瀬さん ZRX1100NJ-2

  • 2017.01.30 Monday
  • 12:12

あっ! という間に1月も過ぎ

もう2月です。

('A`)

 

1月、2月、3月は

過ぎ去るのが早いと言いますが・・・

本当に早いですね。

 

お正月休みが、

つい2〜3日前だったようにすら感じる

今日このごろですw

 

 

さて、今丁度

大物で手間のかかる作業ばかりなので

この隙に今まで溜まってた過去ネタを

放出してしまおうというシリーズです!

 

今回はK瀬さんのZRX1100

 

 

過去にもチラッと紹介したことはあるのですが

この車両”ノジマNJ-2”です

 

パッと見ると、自然すぎて

見落としてしまいそうですが

Rサスがツインショックではありません

 

 

昨今のスーパースポーツと同じく

Rサスは車体センターに一本だけで

リンクとアームを介して取り付けられています。

(・∀・)イイ!!

 

 

乗り味の”好み”は当然あると思いますが

ノーマルに比べ、

明らかに性能が上がっていると

 

”誰でも体感する”

 

程に素晴らしい足回りになってます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

NJ-2に改造したのは2008年なので

一本サスになってからでも

結構な年月が過ぎました。

 

長年乗り込んでる車両の

イイ雰囲気も出てきましたね。

( ^ω^)

 

 

今回は、リアに負けじと

フロント側もグレードアップ

 

そう!ビキニカウルを

フレームマウントします。

(`・ω・´)シャキーン

 

 

ついでにステムは上下交換のプラン

 

使用するのはウイリー特注の

マーベラスオリジナル

”ガルウイングストリートトリプル”です。

カコ(・∀・)イイ!!

 


トップブリッジにはマーベラスロゴ入りです。

 

 

いつものようにグリスを

キッチリ隅々まで行き渡らせて

サクッと組み込み

 

 

ブレーキホースやマスターなども

この機会に刷新です。

 

ホースはフェンダーやフォークに干渉しづらい

”セパレーターを使った3本仕様”をチョイスです。

 

 

ウチでフレームマウントする場合はいつもコレ

SDアルティスさんの

”フレームマウントステー”です。

 

イチから作るよりも随分手早く行えます。

(・∀・)イイ!!

 

位置合わせするのに

必要な部品のみを組み込んで

綿密に調整したのちに取付です。

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

 

 

ついでにバーエンドも

振動の出にくいものに交換して

(`・ω・´)ゞ

 

 

この辺の位置に取付!!!!11

 

飛び出し過ぎず、

いい位置になってると思います。

(・∀・)イイ!!

 

 

ついでにクラッチマスターとオイルも変えて

 

 

完成です!!!!!!11

 

コレでフロント、リア共に

最新SS並みになって

素晴らしいハンドリングになったハズ!

 

これからも大切にしてあげて下さいNE!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

N谷さん ZRXドック5

  • 2015.11.09 Monday
  • 12:22
立冬も過ぎ
暦の上では冬になりました。
(´・ω・`)

地域によっては
シーズンオフになったバイク乗りも多いことでしょう。

コチラでは、冬用のインナーなど着てると
汗ばむような陽気の日もまだあったりで
乗ろうと思えば、一年中バイクに乗れることの幸せを
今更ながら再認識してます。
( ^ω^)


さて、
スーパーバタバタモードも
少しずつ解消しています。



年末にもう一山あるはずなので
ここいらでキチンと通常に戻す努力をしておかないと
”夏休み最終日の小学生状態”に陥ることは必死

子供はそれでいいですが

いい年こいたおっさんが
ギリギリになってから慌てるような
不細工な生き様では、魂の尊厳は守れません。

困ったときこそ真面目にコツコツ
それこそが正義と信じてます(キリッ

近道と思えるルートには
必ず罠が待っていますからNE!
(`・ω・´)ゞ


さて、N谷さんのZRXもいよいよ大詰めです
一気に行きまっしょい!!!!!11



シム調整を行なったら



荒れたカム山を少し磨いて
スーパーゾイルグリスを塗布して組み込みます。
(`・ω・´)ゞ



ヘッドカバーを含むガスケット類も全て交換して



ついでに
インシュレーターも交換です。



キレイになりました!!!11
あとはキャブですね。
(`・ω・´)ゞ



オーバーホールの必要が無いくらいキレイなキャブですが
この機会にキチンとチェックして



消耗部品は全て交換致します。
新品のフロートの白さが眩しいっ!!!11
(ΦωΦ)キュピーン



キャブヒーターのプラ部分も
うっすらクラックが入っていましたので
新品に交換します。

キャンセルする機会の多い部品ですが
ノーマル状態にこだわるのであれば残しておきたい部分です。
(・∀・)イイ!!



キャブを取り付ける前にワイヤーのメンテ
インジェクターを使って潤滑剤を入れていきます。



スロットルスリーブ付近は、汚れが厳禁!
完全に脱脂します。

少しづつ溜まっていく
擦れたゴミなどもパーツクリーナーで洗い流します。

そういえば、
一昔前のハイスロなどは
アルミ製のスロットルスリーブが主流でした。

アルミ製スロットルにアルミハンドルの相性はあまり良くありません。
だんだん焼き付いてきて動きが悪くなってきます。
(内部にコーティングしているような
 手の込んだモノもあります)

今はいろんなメーカーから
様々な開度の樹脂製スロットルが販売されています。
(・∀・)イイジダイニナッタモノダ

やはり樹脂製のスロットルスリーブが長持ちもするし
オススメです!!!!11



ラジエターキャップは
クールテックのタイプS
(`・ω・´)シャキーン



ひび割れてた
ハンドルポストのダンパーも交換して



チェーンをエヌマのスリードに交換して



遂に完成です!!!!!11
ヽ(´ー`)ノ


パっと見た感じは入庫した時と変わりません。

しかし、
キチンとお金をかけて
キチンとノーマル風を維持しています!

「行き過ぎた雰囲気にはしたくない!」
このブレない姿勢も素晴らしいと私は思います。
(・∀・)イイ!!

本当に大切にされているバイクです
( ;∀;) イイハナシダナー


バイク乗りの中で言えば、他人のバイクを品評して
あれはダメ、コレはダメなんて言う
”否定厨”は嫌われ者になります。

バイクの姿形の好みは
人の数だけ正義があります

だから危険を指摘するのはOKでも
好みを否定するのだけはダメです。


”十人十色”でも”緑一色”でも
どっちも正解なんです。


ノーマルでもカスタムでも、
オーナーにとって大切なバイクであることに
変わりはないですからね!
(・∀・)





それではまた次回〜ノシ

N谷さん ZRX1100ドック4

  • 2015.11.02 Monday
  • 12:10
短い秋も終わり
冬が顔を覗かせている季節になりました。

あと8週間程で今年も終わり・・・
(((;゚Д゚)))ガクブル

早すぎるだろjk・・・
これは、私の必殺 ”ギアセカンド”を
使い、仕事効率を上げざるをえない状況のようです。
('A`)アルンナラナ

さて、ニンジャ乗りなら持っておきたい新刊
ザ・カスタムマシン ニンジャスペシャル
が出ましたね!!!!!!!11



読む所も多いし、お値段も1200円とリーズナブル!

久しぶりのGPZ900Rだけの本です!!!11
(・∀・)イイ!!

私の相棒も、ずいぶん古い姿ですが掲載されてます。

古い姿といえば、この本に載ってる私の姿
人生で最も太った(0.1トン以上あった)頃の画ですw
それから15kg程痩せて、XXLからXLくらいには戻りましたw

今年春頃まではロン毛を後ろで束ねた
SAMURAIスタイル(?w)だったので
坊主は随分前のような気がします

前フリなしに掲載されてたので、
ホントびっくりしましたが、
リアルの私は、もうちょっとだけ小さくて
もっとプリティフェイスなのでw
誤解されないよう、お願いしますねwwww
('A`)ハイハイ


さてそれでは続き参りましょう!!!!!11
少し間空いちゃいましたが、
N谷さんのZRX1100です!



カムチェーンの交換とシム調整をやります
ヘッドをご開帳してみると



やはりカムはカジってます。
しかしご安心下さい!!!!!11
(・∀・)ハイテマスヨ!

少々カジッたからといって
直ちにエンジンに異音が出たり
大ダメージが入るわけではありません。

よく見られるガラガラ音のするエンジンの
異音の原因の殆どは

”カムチェーンのたるみを
テンショナーが適切に張れていない”
です。

”カジり”が原因でエンジンがガチャガチャ言うコトは
少ないんです。



ただ、
タペットクリアランスを
定期的に調整していなくて
クリアランスが狭すぎて
カム山とロッカーアームが削れていくパティーンがあります

これだと、即交換が必要ですが
このケースはカジリとかじゃなく、
酷いえぐれ状態になるので
GPZ900R系エンジンによくある
適正なクリアランスなのに油膜切れして
カジっていく症状とは、また別の話です。


少し脱線しましたので戻ります
(;・∀・)




例えば、カジったカムを慌てて交換したところで
カジった根本の原因を解消しなければ
また同じようににカジることもあります。


何の社外パーツもつけてないのに
カジってない人もいれば

ファイナルのチップ式ロッカーに、
ヨシムラカムにヘッドバイパス、
おまけにカバーから噴霧して、
乗っても乗らなくても
3ヶ月ごとにちゃんとオイル交換してる人でも
短期間でカジッた人もいます。

つまり”確率を下げるパーツ”は沢山ありますが
”乗り方”も重要なファクターだということです。



このカムは15年使っての状態、ですから
十分正しい乗り方をしている方でしょう。

カジッたカム再利用は、確かに見てしまうと
気持ちのいいものではありませんが
(当然かじり方によっては即交換が必要なものもあります。)

整備時にカジリを発見して、その後5万km以上を
普通に走った車両も沢山いますから
神経質に”なり過ぎ”ても
いいことはないと私は思っています。

要は、それ以上進行しなければいいんです!!!!11



暖気を全くしない方のカムは
キレイな傾向にあります。
(反比例してシリンダーは酷い摩耗の傾向ですが・・・)

このことからも
とにかく普段から気をつけるべきは

・アイドリングで暖気をしないこと
・オイル管理をケチらないこと
・温度を下げ過ぎないこと

だと思いますYO!!!!11



それではまた次回〜ノシ

 

N谷さん ZRX1100ドック3

  • 2015.10.12 Monday
  • 11:23
朝晩は、随分肌寒くなってきました。
('A`)サミー

ここから、少しずつ冬になっていくかと思うと
少しさみしい気もしますが
(´・ω・`)

冬には、冬の楽しみ方もあることですしおすし
何より、エンジンがヒートしにくくなる!
のはいい事ですね(小並感)

さて!!!!11
明日は、岡山国際サーキットで
ダンロップサーキットステーションです。
ヽ(`▽´)/



(画像は4月にくじ引きで当たったキューピーさんw)

例年であれば、台風シーズンなので
ギリギリまでdkdkするのですが

今回、お天気は大丈夫そうで
ひと安心しています。
(・∀・)ヨユー

ただ、
世間様的には、三連休の直後とのことらしく
( ・ω・)モニュ?

「3連休明けの初日ブッチして
4連休カマしたら、オイラこの会社にいられなくなるYO・・・」
と仰る方などもいてwwwww

参加者はいつもよりちょっと少なめですw

幸運にもイケる方たちは
その分も楽しまないと損ですね!!!11
(`・ω・´)ゞ



さて!
それでは続き行きまっしょい!!!11

N谷さんZRXです



リア周りも細かくチェックしていきます
(`・ω・´)ゞ



リアキャリパーもOH、
そしてホースも純正にて交換です。



スイングアームも完全にハズして
ベアリングをチェック。

そしてグリスアップしていきます。



ホイールベアリングは全て交換です。
ココは、ちゃんと穴がセンターに来るように
芯出しなどが必要です。
(`・ω・´)ゞ



ハブのベアリング、そして
シールなども交換します。



スプロケットやボルト類も全て純正にて交換



随分劣化していたアクスルシャフトも新品にします。




リアのブレーキホースは、ストリートでは
純正のゴムホースのタッチがコントローラブルで秀逸

パーツには、それぞれに一長一短があります。

よくわからないケド、とりあえず
何でもかんでも片っ端から社外品に変えちゃえ
なんてのはオススメしません。



Rマスターも新品です。



キレイになると気持ちがいいですね!



ZRX系のフロントにはローター座面に黒い”シム”が入ってます
これでローターのセンター出しをしてるので
純正とはいえ、キチンと測定しての組み込みが必要です。



そして、フロントディスクローターを交換する場合は
座面をキチンとキレイにして砥石で並行を出す。
これは基本中の基本。

ホイールDIY塗装なんかで、この面をボコボコにされてると、
後々ローター曲がってきたりしますYO!
ヮ(゚д゚)ォ!



フレーム番号で注文したら
1200後期型の対策済みデザインのローターが届きました。

インナーローターの強度が上がったタイプですNE。
デザインの好き嫌いはあるかと思いますが、

このタイプ、
インナーが重くなった分
アウターローターの重量は軽くなったらしく
ローター全体の重量では200g以上軽くなってると
昔聞いたことがあります。

バネ下重量の軽減はサスペンション、ブレーキ、グリップなど
全てにおいて恩恵があるので
効果絶大ですね!



それではまた次回〜ノシ

 

N谷さん ZRX1100ドック2

  • 2015.10.05 Monday
  • 12:11
肌寒くなってきたかと思えば
また暑かったり

お天気かと思ったら
さめざめと降ってきたり
('A`)ウボァー

まさに”女心と秋の空”ですね。

しかし、バイク乗りにとっては
ほんの僅かしかない
最高のシーズンです。

この機会にこんなイベントに参加してみませんか?



淡路島バイクフェスタ2015です
(`・ω・´)ゞ

実は、この時期に随分前からやってるイベントです。

以前は、
一部のコワモテ旧車乗りイベントで、
一般人はちょっと近寄りがたい感じ・・・
なんて感想の方もいらっしゃったようでしたが
((;゚Д゚))ガクブル

二年ほど前から雰囲気も一新し、
バイクに興味がある方なら
誰でも参加しやすいイベントとなりました。
ヽ(`▽´)/ワーイ

有名なショップさんも沢山いらっしゃるようで
雑誌でしか見たことがないような車両も沢山来ると思います。
とても楽しみですね!!!!!
(;゚∀゚)=3ハァハァ

当日はマーベラスエンジニアリングも出店します!
皆様お誘い合わせの上、是非お越し下さいNE!!!!11

詳しくはリンクから
http://www.awaji-bf.jp/


さて、それでは続きいきまっしょい
(`・ω・´)シャキーン



オーナーは、
外装もちゃんとハズして車体を磨き上げてたようで
フレームも内部もピカピカです。

キャブレターをフルOHすべくハズしておきます。



水周りのパイプ類も全て交換
壊れてから修理ではなく
一定期間使ったら、壊れる前に交換です。
(・∀・)イイ!!



キャリパーはコダワリの
純正トキコ6ピストンをOHです



新品のシール&ピストン
気持ちいいぐらいスルッスルです。
これが本来の動きです。
出来るだけこの状態をキープしたいものですね。
(・∀・)




ココで、ひと手間
ブリッジボルトにベータチタニウム製を使います。

形は純正にコダワリたい!
でも制動力はアップしたい!

そんな時は、
このキャリパーブリッジボルト強化がオススメです!!!11
(`・ω・´)ゞ



強い力でローターをパッドが挟むと
繋いでる背中面がひらきます。
ヮ(゚д゚)ォ!



この部分の強化&軽量は
非常に効果的ですYO!!!!11
(`・ω・´)ゞ




ついでにマスターも両方OHです
こちらも純正品で行ないます。



こんなにキレイなマスターでも
ピストンシールはそれなりにヤレて
ゴミも溜まってる状態です。
(´・ω・`)



タンクの合わせ面は、使ってると
フルードによる腐食でガタガタになってきます
こんな機会に砥石でキレイに
面を研いでおきます。

キレイになると気持ちがイイですよね!!!11


それではまた次回〜ノシ

N谷さん ZRX1100ドック

  • 2015.09.28 Monday
  • 12:01
こちらでは、ようやく
秋晴れのお天気になってきました
ヽ(=´▽`=)ノ

営業時間終わってから
コソコソ直していた相棒のエンジンも
やっと完成したので
(;゚∀゚)=3ハァハァ

早朝や、休みを利用して
エンジンのナラシを進めています。



ナラシは高速道路を使って
一気にやってしまいたい派です。

邪魔にならないよう左端を走りますが
高速を低回転域キープで走るのは
結構、一般のドライバーさんに嫌な顔されたりするので
(゚Д゚)イヤン



こんなベストを作ってみましたw
ジャケットの上から着られる
ジップアップのメッシュベストです。

着るのには結構勇気がいりますが・・・

3000rpm、4000rpmの時に着て行きました
(`・ω・´)シャキーン

コレのおかげか
嫌がらせされることもなく快適でしたので
効果はあったかとwww

ウチからナラシする際に
必要な人にはお貸ししますのでお申し出下さいNE!


さて、それでは本題!

今回からは新章
兵庫県N谷さんのZRX1100です。



このメタリックグリーンは逆車です。

ラインの紫と白が上下逆になってるので
2000年式のC4ですね。

オーナーの所有欲を満たしてくれそうな
”めったに遭遇しないレアカラー”です。



車両は、とても
15年も前のバイクだとは思えないほどの
グッドコンディション

オーナーは、基本的に自分で整備されてるようですが
ここまで細部が美しいコトから
本当にキチンとされている事が伺えます。
(・∀・)イイ!!



必要な部分のみのライトカスタムして
その他は純正品にて整備、交換していくスタイルは
非常に好感が持てます。

今回交換する部品類も
ほぼ全て純正品での交換です。


カスタム屋のおっさんが
こんなこと言うと
違って聞こえるかもしれませんが

最も重要なのは”適材適所であるか?”
というコトです。

必要とする性能を得る為に
必要なパーツを選択するのであって

その条件に適合する部品こそが
その人にとっての理想であり、
その人の為だけの”カスタムパーツチョイス”
になるのです。


パット見の豪華さ()とか
いくらお金をかけた自尊心()とか
そっちの方向に行くと
乗りづらくなったりして
結果として、手放すのが早くなったりします。

だから、
外観で、色々部品が変わってるバイクが凄くて、
純正ノーマルはダメだ!みたいな
風潮には、全く同意出来ません。
(・д・)



どんなに高級なパーツでも
整備が行き届いてなければ
状態のいいノーマルにかなうコトはないのです

(´・ω・`)チャントトリツケサレテナイヨウナノモオオイヨ



この車両は、この形をオーナーの意図として維持し
この状態をキープしています。

素晴らしいの一言です。

猫かわいがりするのではなく
車両として、機械として
大切にしていることが随所に現れています。
(・∀・)イイ!!



普段は手をつけにくい
ステムベアリング等、もう一歩踏み込んだ所の
メンテナンスを致します。

自分でやる場所と
依頼する場所、キチンと線引するのも
大切なことです。
(`・ω・´)ゞ



キレイに抜けば、
そう簡単に緩くなってくることなどありません。



ベアリングパッカーにて、
グリスは内部まで100%充填します。
表面にいくら盛りつけても無駄です。



フロントフォークのシール状態も良好です。

クリップにシリコングリスが塗られてます
ほんのちょっとしたコトですが、
サビ防止策として非常に有効ですNE!!



それではまた次回〜ノシ

ZRX シングルシート

  • 2015.08.24 Monday
  • 11:58
まだまだ残暑が厳しいとはいえ
夜には虫の声が聞こえたりして

一時期の、”殺人的な暑さのピーク”は
なんとか過ぎたような今日この頃です。
( ^ω^)

私のエンジンも何とかしなきゃならないんですが
お盆明けて、店内はまた、”超満タン状態”で
(´・ω・`)

どんどん片付けていかないことには
このまま雨が降ったりしたら
作業スペースがない状態になってしまいます。
((;゚Д゚))ガクブル

自分の相棒は、定休日や深夜に
カカっとやるしかなさそうですw

さて、今回はZRXネタ!!!11

一緒に岡山国際に行くことも多い
神Tさん車両のモデファイです
(`・ω・´)ゞ



オーナーは、このスタイルで走ってたのですが
どうしてもシングルシートにしたい!!!!!!!11
とのことで



今ついてる激レアの”BEETダックテールカウル”&
レオパルドシングルシートカバーをハズしまして



この一体型シングルシートに変更します。
(`・ω・´)ゞ

ぱっと見は、
前とあまり形状の変わらないようにも見える
このテールですが



キレイに取り付けるためには、
シートレールのカットが必要

男らしくスパッとちょん切ります!
ギャア━━(゚Д゚|||)━━!!!



なんともスッキリしたヒップになりました。
(`・ω・´)ゞ

このままでもいいんですが、補強的な意味合いも含めて
切った部分を繋ぐコトに

適当な材料をガサゴソしてたら
前オーナーがこの車両に乗ってた頃につけていた
”暴ヤンチックな絞りハンドル”を発見



ちょうどいいのでコレに砂を詰めて
更に絞って材料にします。
Σ(゚Д゚)



うん!いい感じ
(`・ω・´)ゞ


テールカウルとの兼ね合いを探ってたら
曲げた所は、殆ど切り飛ばす形になってしまいましたがw



なんということでしょう!!!!11
(BGMはビフォアアフターのアレで)

”おばあちゃんの愛用していたちゃぶ台が
匠によって、こんなところに生かされました!”

的な仕上がりになったかと

「ハリケーンのステッカーだけは剥がさないで!」
と言われましたのでそのままにしましたw



あとは、リアサスのマウント部分を左右繋げます

ZRXシリーズによくある、高速走行時の”あのフレ”は
ここを繋ぐことで解消されることが多いです。

アンダーフレーム部分を繋ぐ補強キットと合わせて行うと
効果絶大ですね
(`・ω・´)ゞ



溶接は、イロイロつけたままだとやりにくいですが、
濡れタオルなどを駆使してガガーっと完成です

ちなみに
ゼファー1100はノーマル状態で
アンダーフレーム左右が繋がってますし
Rサスのマウントも繋がってます

そいやゼファー1100で振れるなんて
あまり聞かない気がします
何故ZRXは繋がないんでしょうかw
(;´∀`)



カウルのフィッティングが終わったら
ストリートも走れるように、テールなどを
簡易に着脱できるシステムにします。



少しでも軽量になるように
テール球はOWタイプのLEDをチョイス
(・∀・)イイ!!



純正っぽい取り付け位置になりましたNE!
(`・ω・´)ゞ

塗りを待ってる間にコイツをつけてしまいます。



CBR1000RR用のラジエター
テイスト車両等でよく見かけるスタイルですね
(・∀・)イイ!!

取付にはそれなりの加工が必要です
今回は、ボルトオン加工されたものを
SDアルティスさんに分けていただきました。



シャシャっと黒にしまして



こんなかんじに取り付きました
(・∀・)イイ!!



ハルク・プロさんに分けていただいた
ネットもさりげなく取り付けて



塗装があがってきたので
シートスポンジを貼り付けて



遂に完成です!!!!!!!!11
(・∀・)イイ!!

保安部品もチャンとついてるので
公道も大丈夫ですが、

ロングツーとかの場合は・・・
そのシート辛いですYO・・・w

それではまた次回〜ノシ

AJ KAGAWAモーターフェスティバルinまんのう

  • 2015.05.25 Monday
  • 12:38
 汗ばむ季節になってきましたね 

6月7日、日曜日はイベントに参加します。
”AJ KAGAWAモーターフェスティバルinまんのう”です!

このイベントは、もう10年以上、
継続的に行なっているようなイベントです。

私が最後に参加した10年ほど前はそうでもなかったのですが
最近は、”ハーレー専門のお祭り”みたいな
雰囲気になってしまってたそうで
(゚A゚;)ゴクリ

「雰囲気を一新し、全てのバイクの祭典にしたい」と
運営側は考えておられる故、
ハーレー以外の出店を積極的に求めたい!と
「PMCの正本社長様」直にお願いされてしまったので
参加させていただくことにしました。

ブースでは車両を何台かと、オリジナルパーツなどの展示をする予定です。



レストアや、カスタムのご相談も受け付けます
皆さん是非遊びに来て下さい!

イベントについての詳細は↑リンクの公式HPから御覧ください!
(画像クリックでジャンプします)


さて、今回はK彦さんのダエグです



この車両、”フリーザ様”並みの
”後2回の変身を残している”車両なのですが

この辺で一度目の変身、第二形態になっておきます。
(;´Д`)



まずは、キャリパー
ブレンボGP4-RXをチョイス



ロングに出る”ツーリンガー”の必須アイテム
無線トランシーバーもつけます。

22年ほど前、私が限定を解除した頃のビッグバイク達は
皆コレをつけてたような記憶です。
ヽ(・ω・)/



そしてオーリンズ倒立フォーク
FG424ユニバーサルの800mmタイプです。
(`・ω・´)シャキーン



ホイールはOZレーシング
高級感漂う、ブラックペイントタイプ



この構成ならSBKローターのチョイスも可能だったんですが
オーナーの好み的にワークスエキスパンドを選出!
(`・ω・´)ゞ



さてそれでは、ささっとバラしていきまして
早速組んでいくです



トップブリッジからシリンダーを外すには
ロックされたネジをハズす必要があります
(`・ω・´)ゞ

しかし、これがついてるのは処女の証
フルノーマルニンジャなのに
普通のネジがついてるパターンは
過去にパーツ交換されてた証拠です。
( ゚Д゚)



ドリルで抜くより
タガネで叩くほうが大変ですが
キーシリンダーが無キズで済むのでこの方法が好きです
(`・ω・´)ゞ



高年式ダエグといえどステムベアリングはこの通り



レースを抜くのを面倒臭がって
ベアリングだけ入れ替えられてる車両を診ることもありますが
(´;ω;`)ブワッ

ベアリングとレース2つが合わさって初めて
”ひとつのベアリング”です

新品には新品のレースを入れるコトを厳守しなければなりません。
(`・ω・´)シャキーン



専用工具を使ってまっすぐに挿入していきます。



ベアリングはパッカーを使って内部に100%充填



ステムの締め具合も重要なポイントですね
緩すぎよりも、締めすぎ車両を最近よく見ます!



だいぶ完成してきました!
(・∀・)イイ!!



Fローターボルトはベータチタニウム製
一本2000円ちょい×10本です!



とりあ仮組みしながらセンター出しします

ラジアルキャリパーなので、センター出しを
ローターで出すしかありません
(;´∀`)



何度か組んだりバラしたりしながら最適な場所を探ります。



カウルなども加工して取付
とりあ第二形態完成です!!!!!!!11
(`・ω・´)シャキーン

さて、では第三形態の準備の為、
ニンジャをバラし始めますかね・・・

それではまた次回〜ノシ

 

ZRX特集

  • 2015.03.23 Monday
  • 12:19
 ”暑い寒いも彼岸まで”の言葉の通り

お彼岸に入ってから
すっかり暖かい日も増え

ここから、徐々に春がくるんだ!
と実感できる気温に
気持ちも高まってくる時期です。
(`・ω・´)ゞ


各地でいろんな催しも行われて

地元徳島でも
ニンジャ乗りの皆さんが、楽しく集まったり
してたようです。
( ^ω^)


こうやっていろいろ交流を深めるのは
とてもいいコトですね。

私もタイミングがあえば
是非行ってみたいです!
(・∀・)


さて今回は
ロードライダーがZRX特集とのこともあって

ZRXの小ネタ集をご紹介です!!!!!11


まずは三重県のO田さんZRX



コニカルゴルディの取付です
(`・ω・´)ゞ

結構手が入ってるのに、そう見せず
意図してさりげなくまとめてる感じが
素晴らしい!
カコ(・∀・)イイ!!


このO田さんは、筋金入りのZRX乗り!で
ZRXばかり乗り継ぎ、これで3台目だとか
ヮ(゚д゚)ォカコイイ!

エンジン組んだばかりで、慣らしを兼ねてやって来てくれました



こちら側のホースはついでにダエグホースに変更
自由度が高くてオススメです
(・∀・)イイ!!


次はK瀬さんのZRX



O田さんの車両同様、こちらもNJ-2のZRXですね。



今回はハンドルを
ハリケーンフラットコンチ儀燭ら
ファナティックのローバーに変えて



ストンプグリップを貼り付け
(ZRX用がない為、使用したのはR1の04-06モデル用)





モリヤマさんトコの
マニュアルテンショナーも取付です。



スポーツ走行しやすそうなZRXになりました
(・∀・)


最後はK谷さんのZRX




本人が宮島さんに了承を得て作ってもらった
miyajima仕様SPビキニカウル

なんともイカツイ顔つきに・・・
((((;゚Д゚))))ガクブル



とりあ色を塗りまして



公道も走るのでライトがいると・・・

PIAAの耐久ライトを加工して取り付けます



今流行りのLED球をセット
H4なのでハイ・ロー切り替えも可能です。



どこにつけるか、さんざん悩みましたが
形を変えたくないとのオーナーの申し出により
ダクトの位置から出すことにケテーイ

ステーを駆使して取付
光軸調整も出来る形にしないとです!
(`・ω・´)シャキーン



うん!夜でも見えるようになりました
ヽ(´ー`)ノ


あとはここに



オイルクーラーを設置!ですね
とりあえず転がってたニンジャ用を合わせてみましたが
もう少し大きいのも入りそうですね。

しかし・・・このビキニカウルをハズした絵面・・・




これにしか見えないんですが・・・・wwww


それでは又次回〜ノシ



 

520チェーン

  • 2015.03.09 Monday
  • 12:27
3月も、
はやくも中旬に向かいました

毎年のコトですが、1月2月3月は
本当に過ぎるのが早い・・・
(´;ω;`)ブワッ

きっちり予定立てて頑張ってるのに
知らぬ間に時が過ぎている・・・
(´・ω・`)ンナハズハナイ

今年入って3基目のエンジンOHは、
3月末には完成させるのが私の理想でしたが
一ヶ月程ずれ込みそうなヨカーンです;;

がんばらなくっちゃ
(`・ω・´)シャキーン


さて、今回はチェーンのお話


最近ビッグバイクで520チェーンに換装する作戦
よく見ますね

当然530の方が、高耐久なのでしょうが
チェーンの技術も日進月歩で、520サイズでも
一昔前の530以上の強度があるとかないとか
そんなことを聞くコトもあります。

最新型のZRX1200ダエグや、
200PS級の10Rまで、
525サイズ指定でメーカーから出てるのですから

ニンジャやZRXレベルであれば520サイズでも
大丈夫なのではないかと言われるのも頷けます。
( ^ω^)

Z系など、元のサイズが630の車両にまで
520をつけてたりするのを見ますが
チェーンコンバートにデメリットがあることを
踏まえた上でのチョイスなら、
私はじぇんじぇんおkだと思います。


さて、520チェーンにするメリットは、
フリクション大幅低減による
”パワーアップ”などがメインですが

タイヤとのクリアランスが厳しい車両にも使えたりします
530→520にすることで、横全幅で約3〜4mm細くなります
(つまり片側でクリアランスが、1.5~2mm稼げます)



最近のダンロップ・・・太いんですよね

α-13の
190/55-17サイズで幅が198mm
Σ(゚Д゚)フトイヨ!!

ROADSPORTの
190/55-17サイズで幅が200mm
`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!

(共にメーカー公表値)

いやいや!それって190サイズじゃなくって
すでに200ですやんwwwww

おかげで今まで、チェーンとタイヤが
ギリ当たってなかった車両もこの通り


(*ノωノ) イヤン


当たってますね・・・

通常なら、ベースを敷いたりして
外にオフセットさせて解消させるのがデフォなのですが



哀しいけど・・・これってダイマグ旧スパイダーなのよね・・・
(CV:スレッガーさん)

スプロケットが、間に挟まれてしまっている為
出すことが不可能
(´;ω;`)ブワッ


そこで!こんなものを特注しました



XAMさんで作ってもらったのは
530のブランク材ベースで
外に目一杯オフセットして削ったモノ



これで、約3mm外にオフセットしました。



同じく、フロントも3mm余分にオフセット



チェーンはRKの、VG520FW-Rをチョイス

これで5mm以上のクリアランスを確保したはず・・・
(゚A゚;)ゴクリ



うむ!十分ゆとりが生まれてよかったよかった!
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ




取り付けたら、余分についた油を洗浄


すっかりキレイになりましたね




オーナーも大満足
嬉しすぎて!本気装備ライディングですw




それでは又次回〜ノシ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM