I本さん Z750FX-1 リファイン3

  • 2016.07.11 Monday
  • 12:00

夏も本番を迎えてきて

暑くなってきましたね!

('A`)

 

 

くれぐれも

熱中症などにはお気をつけ下さいませませ。

 

 

さて、750FX

一気にイッちゃいましょう!!!!!11

( ^ω^)

 

 

現状はダイナのシステムが一式で取り付けされてますが

点火系ユニットはこの機会に全て刷新します。

 

コイルも消耗品ですからね

(´・ω・`)

 

 

今回導入するのは

ウオタニSP-2PAMSさんモデル

Z系に特化したモデルです。

 

 

コードはテイラー、ハイスロはアクティブ

シックに黒でまとめていきます

(`・ω・´)ゞ

 

 

サイズ的にも少しコンパクトになりました

(`・ω・´)ゞ

 

 

ユニットはなるべくボディから離すのがデフォです。

サイドカバーをハズしたら

すぐにアクセス出来る場所に取り付けます。

(・∀・)

 

 

割れてたファンネルは

ブラックアルマイトされたアルミ製に交換

(`・ω・´)ゞ

 

この京浜純正のプラ製赤ファンネル

定価¥3,000以上します

(4個だと×4=¥12,000以上)

ヮ(゚д゚)ォ!

 

最近はアルミ削り出しで

アルマイトまでかかったモノが

似たような値段で買えるので

そちらをチョイス

 

プラからアルミ製になって高級感もUPです

(・∀・)イイ!!

 

 

ブレーキ、クラッチマスターはブレンボRCSにして

ハンドルはパワービルダー製のバーハンドル

グリップはドミノをチョイス

 

マスタータンクは、

キチンとダブルディスク用の

容量があるサイズにします。

 

昔は、あえて小さいタンクをチョイスする

なんて風潮もありましたが

今は流行らないし、

ちゃんとしてるほうが安全ですね!!!!11

(`・ω・´)シャキーン

 

 

ブレーキホースも合わせて交換

 

 

バーエンドはブラスの入った振動低減モデル

それなりに効果はあるので私も愛用してます。

(・∀・)

 

 

漏れまくってた純正コックは

ピンゲルに変更して

 

 

スピードメーター周りのユニットやワイヤーも

全て刷新しました。

 

 

サイレンサーも中身全てやり直して

ステーの位置も変更しました。

 

 

そして遂に完成!!!!!11

ヽ(`▽´)/

 

グッとしまった感じになって

高級感が増しましたね!

 

これからも大切にしてあげて下さいね!

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

I本さん Z750FX-1 リファイン2

  • 2016.07.04 Monday
  • 11:34

こちらの梅雨明け宣言はまだですが

晴れると30度を越すような

”夏日”になってきました。

 

暑いと、タイヤはタレるし

エンジンは悲鳴を上げるしと、

バイクにとっては過酷な状況ばかりですが

 

暑くなる=温度が上がるということは

原子だろうと分子だろうと

活動が活発になるというコト!

 

まぁ暑すぎるのはアレですが

寒さに震えて縮こまってる冬よりも!

活動的にならざるを得ない夏が

私は大好きです。

(`・ω・´)ゞ

 

 

 

それでは!750FXの

続き参りましょう

 

 

Rサスは手持ちのオーリンズを

Gセンスさんに送って

アルマイトで化粧直し&OH

 

キレイになって帰ってきました。

(・∀・)イイ!!

 

 

チェーン引きは、

コーケンさんにて、赤アルマイトに加工

 

 

スイングアームはXJR用

 

前後足回りは、M田さんMK-2

からのお下がりだそうです

(`・ω・´)ゞ

 

チェーンも520にして

チェーンラインを合わせます。

 

 

ステム周りもこの機会に全てやり直しです。

(`・ω・´)ゞ

 

 

旧ステムのベアリングはヘドロ状態

ハンドリングもゴリゴリして

いい状態ではありませんでしたが

 

ずっと乗ってると、

コレが普通なんじゃないかと思えてしまう程

人間の”環境適応能力とは素晴らしいモノ”です。

('A`)

 

日々に慣れてしまわないように、

常にフラットな状態がどうかの感覚を養う努力が

チェックする側は必要だと思ってます。

(`・ω・´)ゞ

 

 

ステムとトップブリッジは

メタルコーティング ランナーさんにて

ブラックのRXコートをしてもらいました

 

”ブラックRX”だからといって

てつをは関係ありません。

 

 

足回りが決まってきました

(・∀・)イイ!!

 

ハンドルやウインカーなども

合わせて交換です

 

紹介するのは一瞬ですが

各部を回収しながらなので

本当は、ここまでに結構な時間がかかってますw

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

 

あとはキャブレター

放置してた訳ではないので

中身が腐ったりはしていませんが

 

 

フロート室の底を見てみると

サビの粉が、結構スゴイんです。

Σ(゚Д゚)

 

コレはタンクの内部が相当サビてます

(´・ω・`)

 

今回はこのままいくとしても

今後、タンク内のサビが

またキャブに回ってきて

オーバーフローなど引き起こす可能性は

非常に高いです。

 

長期的に考えれば

近いうちの対策が望ましいです。

(゚A゚ )

 

 

新品タンクは当然絶版ですが

リプロ品などがリーズナブルな価格で

売られているようです。

 

こちらを買うのもいいかもですね

 

 

 

ファンネルは、よく見ると

経年劣化でクラックが入ってました

粉々になる前に交換です。

 

 

 

ジェット類など全て洗浄して

リップシールを含むゴム類は、全て交換です。

 

 

フロート室もピカピカになりました。

もう一息です!!!!!!!11

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

I本さん Z750FX-1 リファイン

  • 2016.06.27 Monday
  • 12:00

カワサキ空冷Z系の価格上昇率

ハンパないですね・・・

(´・ω・`)

 

 

そりゃ純正部品もなくなって

希少価値が上がっていくのはわかりますが、

Z系に関してはリビルドパーツも多いし!

 

エンジンや電装パーツに至っては、

どんどん新開発の新製品!が

リリースされてるようなイメージの現状なのに

この高騰率。

('A`)

 

 

メンテ事情が原因の高騰ではなく

むしろベース車両が

本当に底をつきかけてるのでしょう。

(´;ω;`)マァヘルイッポウデスカラネ

 

 

 

そういう意味では、

この”750FXの1型”は

本当に希少な車両かも知れません。

 

 

今や大人気のKZ1000MK-2も

たった二年ほどしか

販売されてない希少車ですが

 

兄弟車の750FXは、国内だけの販売でしょうし

2型以降には、ザッパー650ベースの

違うバイクになってしまったので

(ゼファー750と同じの一回り小さな車格)

実質この形で販売されてたのは

ほんの1年程だったと思います。

 

故にフルレストアされた車体が500万!とかの

価格で表示されてることも

めずらしくない車両です。

Σ(゚Д゚)

 

その価格が、はたして適正かどうか!

は、ひとまず置いとくとして

 

あらためて

希少車は大切にしなければ、と思いますねw

 

 

 

さて、それではI本さんのZ750FX-1

すすめていきましょう。

 

 

車両は随分前に手が入って

そのまま少し放置されてたような印象です。

 

 

”RC30タイプのブレーキマスター”は

経年劣化もあり

握り始め辺りの部分が「コクッコクッ」と不快なタッチ

('A`)

 

0から1、2,3と握りこむほどに

リニアに加圧されるのではなく、

0から15辺りまで唐突に効いてしまうような感じ。

 

サーキットなら一気にガツン!

と握りこむので大丈夫かもですが

街乗りではいろんな状況に対応できないと危険です。

 

これじゃ乗りにくいので

何とかする必要がありそうですね

(`・ω・´)ゞ

 

 

Fキャリパーのブリッジボルトが

一本ついてませんでした!

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

 

キャブレターはヘドロ状態w

これもキレイに洗浄が必要です。

 

 

サイレンサーはヨシムラサイクロンのJMCA仕様

サイレンサーに風穴があいて爆音仕様になってたので

キチンとパンチングを入れて

50パイ辺りで抜けるようにキチンと作り直します。

(`・ω・´)ゞ

 

 

私の経験則的に、Z系は

いいかげんに作られたような車体が

非常に多い印象です。

 

ちゃんとしてる車体も もちろんありますが

割合的には低い印象なんです。

(´・ω・`)

 

細かく見ていく必要がありそうですね!!!!11

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

M田さんMK2 スイングアーム

  • 2015.09.14 Monday
  • 13:15
9月も早くも中旬

「盆が過ぎたらすぐ年末が来る!」なんて
年寄りの戯言だと思ってましたが
最近、身にしみて実感しています・・・。

作業、段取り、順序よくいかないと
あっという間に年越ししちゃいそうですね!
がんばらねば!!!!!!11
(`・ω・´)ゞ

さて、9月といえば
9月売りのロードライダーはGPZ900Rニンジャ特集です。
ニンジャ乗りの方達は、是非!購入して下さいね!


そして今回は、カワサキ空冷マシーンをご紹介
KZ1000MK-兇任后
(`・ω・´)シャキーン



昨今、随分高価になってしまったこのシリーズですが
熱烈なファンも多い車両です。

現オーナーは、
ずいぶん長く所有されている相棒とのことです。

数年前からいろいろとモデファイを繰り返し
オーナー好みのカッコよさになってきました。
(・∀・)イイ!!

今回は大物、スイングアームの交換です。

ご予約いただいてから、一年間・・・待ちました
やっとこさ順番が来たので、
まずは現状の把握です。
(`・ω・´)ゞ



現状は、
XJR系スイングアームが流用加工されてついています。

私が診させていただく前からついてたパーツなので
どのような加工がされて取り付けされてるのかを
完全に把握してから
新スイングアームの数値を決めていきます。



作った人の知識や考え方によって
加工の手法は様々です。

Z系に関しては、特に注意が必要です
( ・`ω・´)ナニサレテルカワカラナイヨ



どうやらフレームの間を広げたりはしてないようです。
ε-(´∀`*)ホッ


しかし、190タイヤを履かせる為の
チェーンライン加工が
フレームに施されてるのですが
そのザクリ処理が悪い為、



ステッププレートをマウントする
スタッドボルトの”ネジかかりシロ”が



ひと巻きあるかないか・・・
ギャアァァ━━(゚Д゚|||)━━!!!

このネジは止まってるのじゃなくて
引っかかってるダケです
(´・ω・`)マジカ

スイングアーム交換と合わせて
どうしても改修が必要な部分ですね。
(`・ω・´)シャキーン



このバネのような部品は”ヘリサート”とか
”リコイル”とよばれるもので
イッてしまったネジ穴を再生させたり
ねじ山の強度をアップさせたりする際に使うモノです

組み付けには、それなりのスキルが必要ですが
利用できれば非常に優れたものです。

20年ほど前は、ダイマグホイールの
ハブのローターマウントネジを
全てヘリサート加工やらされたりとかしました。
(;´∀`)

今回は場所的に長過ぎるので
半分にカットして使用します。



PMC製の
ステンレススタッドボルトを少し短く加工して



キチンと取り付きました。
(`・ω・´)ゞ

これでステップに荷重をかけても安心ですNE!



そうこうしてるうちに
遂に上がってきました!
ウイリースイングアーム
(・∀・)フツクシイ・・・


長すぎたスイングアーム全長は
525mmに決定

オーナーの好みで
”ビッグ目の字”をチョイスしたので
タレ角のつき過ぎを軽減すべく
リアサスマウントを可能な限り後ろで溶接

リアサスマウント部分の削りパーツも
オフセット仕様にしました。



これはカスタムマシンなので、
レーサーほどインフォメーションの多い仕様にはしませんが

キチンと曲がるZにする為には
各部、数値の仕様決定に細心の注意をはらいます。
(`・ω・´)ゞ



ピボットシャフトはビトーさんトコのクロモリ製。
中空で軽くなってます。
(・∀・)イイ!!


そして遂に完成!!!!!11



長さもちょうどよくなってスッキリとしました!

角Z!カッコイイですね!
カコ(・∀・)イイ!!


それではまた次回〜ノシ

寺D奥様 ゼファードック4

  • 2015.01.26 Monday
  • 12:28
昨日(1月25日)は、
月に一度の日曜定休日(第四日曜)
ヽ(゚∀゚)ノワーイ

時期的に、忙しい時などは
日曜の休日を返上するパティーンも多いのですが
(´・ω・`)

今回は、休ませていただき
地元峠で心身をリフレッシュさせてきました!
(・∀・)イイ!!

こちらは比較的暖かい一日だったこともあり
沢山のバイク達が走っていました。

帰り道では、珍しいバイクと遭遇
ドゥカティのデスモセディッチRRです!



(画像はWEBから拝借)

HONDAからも近々出るそうですが
今現在では、唯一である
モトGPレーサーレプリカマシン

1500台限定生産のバイクで、
(日本での登録台数は84台との噂)
車両価格は、870万円程
(゚д゚)

帰る道すがら、少し絡んで楽しく走らせていただきました
よかったら又遊んで下さいNE!
(゚∀゚)


しかし、
やはりバイクは楽しいです!

上記のような高額なスーパーマシンや
フルカスタム車もいいですが、

125ccや、50ccでも”バイク”です
たとえカブだったとしても
エンジンさえついていれば
私は楽しいと感じます!
(`・ω・´)

あなたにとってのバイクが、
”乗る為の理由”
が必要なモノであったり

偏ったコダワリから”大層な準備”
が必要なモノじゃなく、

気軽に乗れて、楽しめる存在であって欲しいと思います。
(`・ω・´)シャキーン



さて、それでは寺D奥様のゼファー
続き行きまっしょい!!!!!!11



出土したプラグは全て交換です
(`・ω・´)ゞ



やたら動きの悪かったスロットル
ハイスロケースの中にグリスが多めに詰まってました
(´・ω・`)

ここは、汚れやすい場所なので
量が多いと、むしろ動きを阻害してしまう部分
('A`)ウボアー



バー、ケース共々
キレイに洗浄します。
特に、バーとスロットルスリーブの間は完全脱脂が必須です。

そしてワイヤーとタイコ部分にシリコングリスを少量だけ塗布します
なんでも、やり過ぎは禁止なのです
(`・ω・´)ゞ



サビサビだったスタッドボルトも全部交換!!!
(`・ω・´)ゞ



やはりキレイな方が気持ちがいいですNE!!
(・∀・)イイ!!



ゼファーがよく錆びるポイントの
ケースの上のオイルラインも交換



ダラっと垂れ下がってたオイルクーラーホースも
タイラップで固定して、なるべく内側に寄せてっと

とりあえず
一旦、この状態で完成です!!!!11
ヽ(´ー`)ノ


後は、チェーンとスプロケットです

ダイマグ用の旧スパイダー用スプロケットは
特殊形状なので、お待たせ致しました
やっと入荷して準備整ってます。!




いつでもご連絡下さいNE!!!!!!11
m(_ _)m


それでは又次回〜ノシ

寺D奥様 ゼファードック3

  • 2015.01.19 Monday
  • 12:00
明日は大寒
寒さも、そろそろターニングポイントでしょうか
春が待ち遠しいです。
(´・ω・`)

さて、年末年始と特番ばかりが続いて
ますが、そろそろ平常運転に戻りますYO!

寺D奥様のゼファードックの続きです


フロント周りをバラしていきます
(`・ω・´)シャキーン



この車両は、フレームやステム、スイングアーム等も
塗装されていることから、
一度全バラされていることが伺えます。

オーナーに聞いた所、過去はレーサーだったものを
少しずつノーマルに戻して現在の形になったそうです
φ(`д´)フムフム...



フォークは片側にオイルがうっすら滲んでいます
∑(゚Д゚)ハウッ!

今回は予算も決まってますし
コレは、近々訪れる車検の時まで持ち越しです



フロントのローターは使用限度4.50mmの所
4.67mm
あと0.6mm減ったら要交換です
(`・ω・´)ゞ



タイヤは2009年3月頃製造
(´・ω・`)

タイヤのミゾが残ってるのに交換なんて・・・
そこで躊躇するのが人の性

誰だってそうです。
私だってそうですから

そうならないようにする為にも
3年程で使いきれるコンパウンドを選ぶのが吉です。



ステムベアリング周りには
大きなダメージは見られませんでしたが



随分昔から変えていない、とのコトですし
工賃的に変えた方がお客様に得なので
気持よく交換
(・∀・)



隙間なくぴっちりとグリスで埋めておきます
(`・ω・´)ゞ

ここに、高価な極圧グリスを入れる方もいるようですが
高価なレーシンググリスであれば
その分、寿命も長いという訳ではありません

より早く使用限度が来るモノあるので
メンテナンスの頻度には注意が必要です。
(゚Д゚)ノ

”過ぎたるは及ばざるが如し”
という言葉もありますし
適したモノを、適切な頻度で交換というのが理想ですね
(=゚ω゚)



ステム回りのこのへんのボルトは全て交換します

ネジがキレイと車両そのものが綺麗に見える!
これは、昔、旧車系ショップでレストアしてた頃
基本として教わりました。
(`・ω・´)ゞ

逆に言えば、いくらバイクがキレイでも
ネジ類のサビてる部分が目立つようだと
ボロく見えるということです。

ボルトやナットは、一般的なものなら
一個、数十円から数百円ですので
費用対効果は絶大です!!!!11
超オススメですYO!
(・∀・)

ただ、
強度区分の異なるネジが必要な箇所もあるので
何でもかんでも、ステンレスキャップボルトに交換ニダ!
(^p^)アウー
には注意して下さいね。


それでは又次回〜ノシ

 

寺D奥様 ゼファードック2

  • 2014.12.22 Monday
  • 12:19
年の瀬も押し迫ってきました!!!!!11
皆、慌ただしく走り回っておりますね

しかし、子供の頃アワテンボだった私は
急ぐ時ほど周りを見ろ!とよく言われました

”急がば回れ”ってヤツですね

年末は事故なども多いので
皆さんお気をつけ下さいね!


さて!
それでは続きいきまっしょい!!!!!!11




ゼファーもすっかり旧車ですね
(´・ω・`)

高年式のキレイなものはそうでもないですが

年式の古いものになると
あちこちにガタが来てて

完全に全てをキチンとすると
OHと部品代で100マソレベル
('A`)マヂカ

なんて車両もちょこちょこ見るようになって来ました

”旧車に乗る”ということは
”安くお手軽にバイクに乗る”コトの真逆の道

激しい情熱と深い愛がなければ
辛く険しいイバラの道となる可能性もあります

安くお手軽コースなら、
最新型を完全ノーマルで乗る
コレに限ります

年式が新しいモノは、ついている部品が新しい!
ただそれだけで、大変な節約になります
(`・ω・´)シャキーン

経年劣化で腐って落ちるなんてコトないですからねw
(´・ω・`)


それを見越しての作戦なのかどうか知りませんが

中古、高年式のゼファー

高いですよね・・・・

基本的には
安いオンボロ買って大枚はたいて修理するのも
高年式の高いの買ってノーメンテで乗るのも
収支は同じくらいだったりしますが

それにしても高いのが最近の中古車事情です

しかし
大手買取業者様の価格操作に従う事が
この業界の理・・・
_| ̄|○ ハハーッ

いくらビックバイクの新車が
乗り出し価格150万じゃ足りない時代とはいえ

もともと80万前後だった車両を160万で売る
中古車市場は高すぎると思いますね
(`;ω;´)



リアアクスルシャフトが右から差し込まれてたり



ハブダンパーの代わりに、不思議な
物体が詰め込まれてたりしてます
((;゚Д゚))ガクブル



ベアリングはゴリゴリで終了なすっているので
新品に交換
(`・ω・´)シャキーン



リアローターも5.0mmの使用限度を超えてますので
交換です



このダイマグは、中の腐食などもなく
キレイなホイールでした

以前に、中身がひどく腐った中空ホロのダイマグを見ましたが
(`;ω;´)

これならまだまだ使えそうですね!



ボルト類も全て刷新してキレイになりました
(・∀・)イイ!!



ハブダンパーもダイマグ純正品に交換



リアキャリパーは一生懸命掃除しましたが
ピストンのキズなどが沢山あります

このクラスになってくると
純正品に拘る方が高くつく場合もあるので
このパッドが終わったら次はカニ目をオススメします
(`・ω・´)ゞ


それでは又次回〜ノシ

寺D奥様 ゼファードック

  • 2014.12.15 Monday
  • 12:12
寒いですね(ボソリ

こちらのような温暖な場所では
むしろ、今が一年中で一番寒いんじゃないか
と思うほど寒いです・・・

1〜2月からの作業予定で、遠方からのお客様が
「年明けだと道中が寒いから
 比較的暖かい、年内に車両の入庫だけしておきますwwww」

と、複数名様いらっしゃってますが
年明けの方がむしろ暖かいんじゃないかと思うほどのこの寒さ
(`;ω;´)



狭い店内はごった返しておりますwwwwwwwwww
\(^o^)/オワタ

今からGWまであたりのオフシーズンが
通年、最も混む時期です
(`;ω;´)

ご贔屓下さるお客様には、
感謝の気持ちばかりですが
お受けしすぎても、捌けないので
身の丈に合う、出来る範囲内でやらせていただいてます

お早めにご依頼いただければ、
何とか予定を組み立てることも可能です

何卒、ご理解くださいませませ
m(_ _)m


さて、
それでは本編参りましょう

今回はこの車両



どこかで見たことあるようなゼファー1100

そう、これは!
去年の年末にゼファードックした
寺Dさんの”奥様の車両”です


共にゼファー1100を所有してらっしゃる
仲睦まじいご夫婦です
๑゜д˚๑イイナー


(こちらがご主人の寺D様のゼファー

車両が快調になったことを喜んでいただけたようで
この年末に奥様の車両も!と
御予約をいただいておりました
(・∀・)


今回も、ちゃんと診させていただきます
(`・ω・´)ゞ



さて、
お話によると、エンジンは少し前にOHされたようです



むむむむ・・・・
OHしたなら、錆びたスタッドボルトくらいは
交換しておいてあげて欲しい所です・・・
(´・ω・`)



この奥に見えてるスタッドなんか
相当腐食して形変わってますが、回ったんでしょうか・・・

いやいや!他所のお仕事に
後出しジャンケンはよくないのです
(・A・)イクナイ!!

私は、私の出来る精一杯で応えさせていただきます
(`・ω・´)シャキーン



ネジ類のサビは結構キてますね
スタッドボルトも交換です



キャブレターのトップキャップボルトも
真っ茶色
('A`)ウボアー



カバーを外してみると
スプロケットの回り止めワッシャーが
折り曲げられていない・・・
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

これまた・・・
キチンとしがいのあるゼファーじゃないですか!!!!!!!11


それでは又次回〜ノシ

・寺D様 ゼファードック6

  • 2014.02.24 Monday
  • 10:12
 バタバタしてて
更新遅れちゃいましたゴメンナサイ
(m´・ω・`)m


皆さん考えることは同じだったりで
寒い間の乗れない期間はハードな作業依頼が増えます
(;^ω^)

早くからご予約ただいていれば対応可能なのですが
人間というものは、基本 
間際になると焦り出す生き物でして・・・w

春先までの重作業は予定でビッチリ
(^p^)アウアウアー

ニンジャドック
只今、一番早いご案内でも6月頭です
ご面倒をお掛けしますが
ご予約はなるべくお早めにお願い致します
m(_ _)m


さて、寺Dさんゼファードックも完結
一気に行っちゃいましょう
(`・ω・´)シャキーン




スタッドボルトもサビサビだったので新調します
(`・ω・´)シャキーン


 マフラーのリペイントも完成
キレイになってきました
(・∀・)イイ!!

毎回思うことですが
ドック作業も、この辺りまで進むと
とても愛着が湧いているというか
細部まで磨いたりこすったりしながら各部を仕上げていくので
自分の愛機かのように愛おしくなってきます

思いを込めると
思いが入るのは当然ですよね
(`・ω・´)ゞ



リアブレーキのホースは、



こんなことになってました
(゚A゚;)アッー



一昔前のフレキシブル構造のアルミ製品は
規定トルクで締めてても時間が経つと
割れてきたりよくしてました

これは普通タイプのバンジョーですが
そもそもが10年以上も継続して使う想定の
パーツでもないでしょうし、経年劣化でしょう

長く乗ってる車輌は定期的に交換が必要ですね
(`・ω・´)ゞ



ホースを換えて
キャリパーをキレイに洗浄してみましたが



ヘルニアを患っておられるようで・・・

次回は
キャリパーOH、もしくはカニ目あたりに交換となります
(´・ω・`)



紆余曲折ありましたが
ひとまず完成です!!!!!!!11



後日、劣化の激しかったエアエレメントを



3Dフィルターに交換して完了です
(`・ω・´)シャキーン

ゼファー1100はプラグの本数が多いのでコスト高な為
交換が億劫になりがちですが

プラグも定期的に交換が必要です

イリジウム系のプラグは長持ちしますが
カブりからの復旧に弱く、
アクセルワークによって濃くなる事も多い
レーシングキャブとの相性は
ストリートでは不向きかもしれません
(´・ω・`)

ゼファー1100の標準プラグはCR9Eですが

先端の外側電極が2つになったCR9EKがオススメです



CR9EKは定価¥840×8本で=¥6720
Rプラグならギャップの調整も簡単だし
カーボン落としながらも使えます

イリジウムは、長持ちするかわりに
価格が倍以上します・・・
(´;ω;`)ブワッ

SSなどの、プラグにたどり着くのに一苦労な
インジェクション車ならベストマッチかもですが
比較的アクセスの簡単なニンジャやゼファー辺りの旧車なら
高いプラグをずっと変えないよりも
安めのモノを頻繁に交換するほうがいいですYO!
(`・ω・´)シャキーン


次回から新章行きます

それでは又次回〜ノシ





 

・寺D様 ゼファードック5

  • 2014.02.17 Monday
  • 11:29
 雪がやヴぁいですね
(´;ω;`)ブワッ

この間の一回で終わるのかと思ってたら
断続的に降ってるようで・・・
物流は止まるわ、寒さで亡くなった方まで出るわで
東日本は大変なようです
(´・ω・`)

今週また降るとか言ってるし
皆様十分にお備え下さい
(`・ω・´)ゞ


さて、寺D様ゼファードック続き参ります


外に出てるオイルラインは錆びやすいので
こんな機会に一新します
(・A・)



ニンジャ系は黒メッキですが
ゼファーは全てクロームメッキです



オイルパンから延びるヘッドへのラインと
クランクに行くライン
構造がニンジャ系エンジンと全く同じですね
( ^ω^)



エンジン左側には
ウォーターポンプが取り付けされるマウントや
穴まであります

これはベースとなった1200ボイジャーエンジンが
水冷だった頃の名残ですね
(・∀・)♪+.


(ゼファー1100エンジンの始祖ボイジャー1200エンジン)

ヤレテたボルト類も
ステンのキャップボルトに交換して



エンジンのラバーマウントも交換です



これでまた暫くは大丈夫でしょう
(`・ω・´)ゞ



スイングアームベアリングとシールは交換



OHから帰ってきたリアサスを組み込んで



リアホイール周りのチェック
プロトのカタログからも落ちて久しいマービックホイール
(´・ω・`)

一時期は結構見かけましたが
最近では珍しいホイールになってしまいました

マービックといえば
イタリアの老舗メーカーで
超一流の鋳造メーカーと言われた所ですが
時代の流れでしょうかね・・・

最近の日本ではマルケジーニやOZの方が
知名度を感じます
(´;ω;`)ブワッ



さておきチェックしてみると
ハブダンパーがちょっと怪しいです



手持ちのゲイル用ハブダンパーでは
厚みが違い使用不可能でした
( ・ω・) ・・・


この辺のハブダンパー規格化して
全部共通にしていただけませんかねwwwwwww

テクマグといい、ダイマグといい!
メーカーごとに全部チョットづつ違うの困りますw


そういえば! ダイマグといえば
激!値上げしましたね
\(^o^)/オワタ

この間まででも、前後38マソ近くしたホイールが
(15年ほど前は28マソくらいだったような・・・)

2月1日からは50マソ付近の金額に
Σ(゚Д゚;)ヒィィィィィィィィ!!!!11

50マソて・・BSTのカーボンホイール買えるジャマイカ・・・

∩(´・ω・`)つ―*'``*:.。. .。.:*・゜゚・* モウドウニデモナ〜レ



それではまた次回〜ノシ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM