H岡さんGPZ900R モデファイ3

  • 2019.02.04 Monday
  • 11:38

あっという間に2月です!

ヮ(゚д゚)ォ!

 

例年のことなのかも知れませんが

インフルエンザ!

めっちゃ流行ってるみたいですね!

 

私のまわりにも、発病して寝込んでた!

なんて方が沢山いらっしゃいますYO

('A`)

 

風邪をひく前の予防も大事ですが

インフルに感染した方だけじゃなく、

家族に感染者がいる方なども、

 

保菌してる可能性も高いので

外出時にマスクを常備するなど

感染拡大しないよう

気をつけてあげて下さいね。

(´・ω・`)

 

さて!それでは

H岡さんの続き参ります。

 

 

交換を余儀なくされたステムを

バラしてみると、

 

劣化したリチウムグリスの表面に

モリブデングリスをサッと

なすりつけたような

ベアリングが出てきました。

('A`)

 

流用加工なので

ステムシャフトは打ち直してるハズ

なのですが

わざわざベアリングは使いまわした気配

(´;ω;`)ブワッ

 

でも、もう最近は

こんな事ぐらいじゃ驚かないクマw

(`・(T)・´)シンピンニコウカンデスシオスシ

 

 

ハンドルストッパー部分が、

溶接加工されてます。

ヮ(゚д゚)ォ!

 

コレは、ハンドル切れ角の確保に

ちょいと工夫がいりそうですね

(´・ω・`)

 

 

つかないものを加工する場合は、

本体ではなくあとから付ける

”部品”の方でやらないと

仕様変更の時に大変になります。

('A`)

 

蛇足ですが、

バイクを売る場合ストッパー部分に

溶接や加工の跡があると

”事故修復車両扱い”になって、

 

車両としての査定額が

殆どなくなってしまうコトもあります。

 

カスタムビルダー側としては、

取り付けに関して

様々なアイデアや選択肢がある中で、

 

”最も楽に加工できる方法”じゃなく

”後々安心な方”を

チョイスしていきたいものです。

(`・ω・´)ゞ

 

 

使うステムはコレ

ウイリー ストリートトリプルツリー

ブラックアルマイト仕様

カコ(・∀・)イイ!!

 

 

フロントフォークは

ちょうどいいタイミングで

売りに出てたオーリンズ正立をチョイス

( ^ω^)b

 

 

キレイになったヘッドにカムを乗せて

タペット調整を机上で先に終わらせたら

 

 

シリンダーヘッドを

パイルダーオンします!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

キチンと規定トルクで管理して

バルタイ取って!

 

 

オーナーが持ち込んだ

朱色の結晶塗装ヘッドカバー

を取りつけて、

エンジンセクションは完成!

 

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM