T井さん ニンジャドック

  • 2019.03.25 Monday
  • 12:00

お彼岸入ったら

寒さのピークも過ぎてるハズですが、

 

まだまだ暖かい日と肌寒い日の

差が激しいので、我々バイク乗りには

ウエアの選定が難しい時期ですね!

(;´Д`)

 

でも暖かくなるまで後少し!

待ち遠しいですNE!

(・∀・)

 

 

さて今回から新章

兵庫県T井さんのニンジャドックです。

 

 

いつものことですが、

パッと見の佇まいは、

特に問題ありません。

( ^ω^)

 

 

それなりにモデファイされた

普通のGPZ900Rに見えますね!

(`・ω・´)ゞ

 

それでは、早速裸にして

中身を拝見していきます

(*´ェ`*)イヤン

 

 

タンクをハズしてみると

ココについてるハズの

ゴムがありません!

ヮ(゚д゚)ォ!

 

稀に、タンクの裏に

ひっついてくることがありますが

そちらにもありませんでした

(´・ω・`)

 

何気に、このゴム大事ですよ!

 

 

フレーム・・・錆が結構キテますね

(゚A゚;)ゴクリ

 

 

聞けばこの車両

その昔に一度水没したそうで

近くのショップさんで復旧をお願いしたそうです。

 

 

でも、エンジン内はアレですが、

フレーム回りなどは

 

いくら水に濡れても、

海水じゃない限りは洗車と同じなので

 

乾かせばOKのハズなのですが

 

 

少し目に余るサビっぷりです・・・

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

早めにブラスト当てて

フレームの塗装やっておかないと

そのうちポッキリ逝きそうなんですが

(´;ω;`)ブワッ

 

今回は、

予算的に厳しいとのことなので

暫定で、適切な治療が施されるまでの

延命をしておきます。

 

 

完全に除去しないと

また増えてくるのですが

(´・ω・`)

 

今回は暫定なので

出来る限り癌細胞である

錆を取り除いて

 

 

1液のつや消しブラックで

タッチアップしておきます。

 

フレーム塗装となると

フレーム単体にする必要があるので

予算的に、少し勢いのいる作業ですが

(゚A゚;)

 

フレームは、生き物で言えば、

骨格にあたる部分です。

 

要なので、

ココさえしっかりしてれば

後はどうとでもなる反面、

 

ココがダメだと

残り全てが、どんなに素晴らしくても

車両としては及第点が

もらえない箇所でもあります。

 

早めの対策が必要ですね!

(`・ω・´)ゞ

 

 

フォークのダストシールはひび割れ

インナーチューブは点サビ多め

(´;ω;`)

 

 

水ホースやパイプ類は、

バラしてる端から漏れてきてるご様子

 

(ウォーターポンプを下から見た所)

 

ホースの指し口付近に

クーラントの塊が

沢山こべりついてます。

 

この辺も全て洗浄ですね!

('A`)

 

かなりのツワモノだけど、

金額の上限が決まってるので

今回対策出来るコトは

少なめかも・・・

(´・ω・`)

 

予算の許す限り

いい状態に戻してみますYO!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM