篠HさんGPZ900R ZZR1100エンジン載せ替え2

  • 2019.07.08 Monday
  • 12:03

毎日雨ばかりですね・・・。

('A`)

 

毎年7月中旬頃には

梅雨明けしてるイメージの四国ですが

今年は入るのが遅かったので、

ちょっと心配です!

Σ(・∀・;)

 

早くカラッと晴れたお空を

拝みたいものですね!

 

 

さて!それでは参りましょう!!!!!!11

 

 

エンジンの下準備も終わったので

GPZ900RエンジンにSAYONARAします。

(´・ω・`)ヤクソクダモンネ バイバイ

 

 

サクッと降ろして

 

 

マッスルドッキング完了!!!!!!!11

ガチーン!(`・ω・´)バリバリバリ!

 

 

 

まずは、タンクとキャブの干渉具合をチェック。

 

うん!タンクつけたままでもキャブが脱着出来て、

全く問題ナス!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

ファンネルも一番短いのならキャブ刺さったままでも

ゆゆうで取り付けOKです!

(・∀・)イイ!!

 

元々6速だし、フルパワーだし

メンテナンス的にも特に変わらないし

絶対にZZRエンジンの方が

いいんですケド、タンクの加工と

容量問題が面倒って点が難関です。

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

あと、

キャブが斜め上で塞いでるので

サーモスタットケースもZRX系エンジンスワップの時ように

パイプをニコイチにして、元の位置でオッケイ!

なんて訳にもいきません。

 

(ホースは横から回すのみ)

 

水パイプの取り回しとか

細かな加工もZZRエンジンの方が多いので

ZRX系エンジンのように簡単な載せ替えじゃない所も

あまり採用されない理由ですかね。

(;´д`)

 

 

 

今回、サーモケースはZRX純正を使います。

合わせてパイプ類も新品が出るうちに交換しておきました!

(`・ω・´)ゞ

 

 

水パイプの取り回しの

自由度を上げる意味合いも含め

ダイレクトイグニッションを導入します。

 

コレでヘッド周りが超スッキリしますYO!

(・∀・)イイ!!

 

 

切った張った丸出しじゃ不細工なので

センスよくまとまるよう

水パイプはこの位置を通します。

(`・ω・´)ゞ

 

 

このエンジンにしたら

必ず必要になるのが電磁ポンプ。

(`・ω・´)ゞ

 

 

ガソリンコックの裏辺りにスペースがあったので

そこに取り付けてキャブまでガソリンを送ります!

(`・ω・´)ゞ

 

 

合わせて、セラコートに出していた

新品のコニカルゴルディver.メガホンが帰ってきたので

コチラも取り付けていきます!

 

 

セラコートって・・・

一発焼きが入るまで、物凄く剥がれやすいんですね・・・

(;´д`)シランカッタ・・・・

 

物凄く強い塗装のイメージだったので

少々当たっても平気だと思ってました。

ガンコートやRXコートも全然平気ですしおすし

 

しかし!

ちょっと4番エキパイがアンダーフレームに

”サッ”と触っただけで

ギャアアアアア━━(;゚Д゚)アァァァァァァァ━━!!

な状態に・・・

(焦りすぎて画像がありませんw)

 

何このスペランカー並みにひ弱い塗装wwww

どこが強いねんwwww

※注(一度、火を入れるコトで物凄く強くなりました。)

 

しょうがないので、そこだけ送って塗り直し。

実は上の画像はそのやり直し二回目の画だったりしますw

 

 

うん、水パイプの取り回しも自然な感じで

スッキリしました!

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM