仲Nさんニンジャドック3

  • 2019.08.26 Monday
  • 12:00

まだまだ残暑は厳しいのですが

お盆が終わると、急に空気の匂いが変わって

秋の到来をひしひしと感じる今日この頃

(´・ω・`)ショボーン

 

 

夏が終わるのは寂しい気分ですが、

秋といえば待ちに待ったバイクシーズン!

(・∀・)イイ!!

 

今年もイベント沢山各地でありますので

今から楽しみですNE!

 

 

 

さて、少し間空いてしまいましたが

途中だった仲Nさんニンジャドックの続き参ります!

 

 

リア周りをヤッた所まででしたね!

 

 

各部キチンとグリスアップして

緩んでたネジなどもちゃんと締めて

 

スイングアームをドッキングさせたら

リア周りは完成!

お次はフロント周りです!

(`・ω・´)ゞ

 

 

FアクスルシャフトはZZR1100D〜ZRX系の純正品の

端の鍔を旋盤で削り飛ばしたモノ

基本的にコレは、

フォークピッチ205mm用のシャフトです

 

 

フォークスパンは210mm

(フォークのセンター間の距離)

 

ZRX系の205mmステムキットを選択しておけば

前回りはZRX系のモノが全てそのまんま

ボルトオンで付くので楽ちんなのですが

(`・ω・´)ゞ

 

XJRとかの43パイ、210mmのステムを選択すると

 

 

フォーク幅が5mm長いので

ホイールとフォークの間に片側2.5mmずつの隙間ができます。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

この場合、

隙間分厚みの増したホイールカラーをワンオフで制作

もしくはアクスルシャフト&ナットにその分の厚みをもたせる

加工をするのが正しい1手なのですが

 

この車両の場合は

空いた隙間を無理に締め込んで挟む形になってたので

 

一番上、真ん中は210mmの距離で締まってるのに

一番下だけ205mmまで締め付けていた為、

フロントフォークが”逆ハの字状態”になっていました。

ヮ(゚д゚)ォ!

 

 

タイヤ交換のたびに、挟んだカラーが

ポロポロ落ちるようなブサイクな仕事は嫌なので

(;´∀`)

 

対策としては、シャフトの太い部分を

2.5mm分かさ増し出来るモノを圧入して

ナット側も2.5mm内側にオフセット出来るようにしました!

(`・ω・´)ゞ

 

コレでまともに走れますね!

(・∀・)

 

 

ステムベアリングは交換してまだ日も浅かったせいか

まだまだ使えそうでした!

(`・ω・´)ゞ

 

 

グリスアップして、

適正なハンドリングになるように調整しておきます!

(`・ω・´)ゞ

 

 

後は短すぎるフロントフォーク

 

 

ウイニングランさんの延長キットで伸ばしておきます!

 

 

コレでちょっとおかしくなってた

フロント周りの不具合も全て解消されました!

(・∀・)イイ!!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

|彡サッ

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM