中Mさんニンジャドック2

  • 2019.10.07 Monday
  • 12:07

キュッ!と急に肌寒くなって、

また暑さがぶり返して、と

暑い寒いの微妙な変化を少しづつ繰り返して

今年もすっかり秋っぽくなってきました。

(´・ω・`)

 

夏が来る時と同じで

季節って、スイッチが切り替わるように

バチッと変わるわけじゃないけど

徐々にグラデーション風に変わるのでもなくって

 

打ち寄せる波が、来て、戻ってを繰り返して

少しずつ満ち引きしながら、気がついたら

波打ち際がこんな所にあるみたいな感じなんですね。

(゚д゚)

 

小僧の頃は、こんな小難しいコト

考えたこともなかったんですケドw

 

年齢を増すにつれて季節を感じる感性も

より繊細になっていく気がして

 

老いていくコトで

増える楽しみも沢山あるんだなぁと思います!

この世は遊びに溢れてます。

(・∀・)

 

常に仕事にも遊びにも100%で!

休日に、することがない!暇!なんて

思う瞬間が一秒もない

生き方ができれば本望です!!!!11

(`・ω・´)シャキーン

 

 

 

さて!それでは中Mさんの続きです!

 

 

RサスがO/Hに行ってる間に

スイングアーム周りを進めてしまいます!

(`・ω・´)ゞ

 

 

チェーンスライダーは交換された跡がありますが

スイングアームがフレームから分離したのは

コレが初っぽい雰囲気、ベアリング&シールは要交換ですNE!

('A`)

 

 

リンクベアリングも結構キてます!

('A`)

 

 

使えなくはないけど、

今交換しとけば、また10年

ココは触らなくて済みますNE!

(`・ω・´)ゞ

 

 

同じくリンクアームのベアリングも交換しておきます!

絶版になってしまうと急に

皆欲しくなっちゃう純正リンクアーム

 

今後は社外品に交換するしかないですね。

(;´д`)

 

 

ベアリングを入れ替えたら

ニードルの裏側までしっかりと

グリスで充填しておきます。

 

このベアリングで、

この量×2くらい中に入ります!

ヮ(゚д゚)ォ!

 

 

上がアクスルシャフトで、

下がピボットシャフト

 

内部に水が入って錆びてます。

(固着して中々抜けませんでした)

シャフトに塗るグリスは回す目的ではなくって

こういうサビを防止するのが主な役割です。

 

 

バフで表面を磨いてキレイにします。

コレぐらいなら再メッキの必要もないので大丈夫!

(・∀・)

 

この辺のシャフトも、もう殆ど絶版なので

(´・ω・`)

 

これからは再メッキして

レストアしていくような事も増えるかも知れませんNE

 

 

フレームの内側もキレイにして

スイングアームセクション完成です!

 

ちなみに、油汚れをパーツクリーナーや

シンナーなんかで拭くのはNG。

 

油は油で落ちます

(石鹸も油ですしおすし)

 

556やラスペネなどの潤滑剤を吹き付けてウエスでこすれば

長年に渡って蓄積された

べったりチェーングリスもキレイになりますYO!

 

エンジン廻りの黒を鮮やかにするのに

スプレー式シリコングリスを使う方もいますが

コチラの方が、表面の油分補充にもなるしオススメです!

(`・ω・´)ゞ

 

ただ、556はゴム類を犯す危険があるので

ゴムシール付近に塗るのはタブーです。

 

大事な部分にはワコーズのラスペネなど

ゴム類を犯しにくい潤滑剤を使ってくださいNE!

( ´∀`)bグッ!

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM